老舗を使用した俳句

老舗に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

老舗を含む俳句例

鎌倉彫老舗のおかみ秋袷/矢澤一止

西陣の老舗や寒の竹暖簾/中松疎水

黄落や老舗床屋の回転灯/長田青蝉

甘酒の老舗はくらし歳の市/秋櫻子

雛納して閉店となる老舗/稲畑廣太郎

姑より嫁が呆けて老舗の冬/宮坂静生

どぜう鍋老舗の床の黒光り/村井信子

子燕の老舗育ちと駅育ち/小野とみゑ

巣燕に墨の老舗の太格子/岡本差知子

まだ栄ゆ老舗猿飴七五三/水原秋桜子

もてなしは祇園老舗の花氷/水原春郎

走り蕎麦老舗奥行深きかな/水原春郎

カステラの老舗灯す夏暖簾/中尾杏子

水打つて葛の老舗も吉野建/中村陽子

百年の老舗を守り藍植うる/稲畑汀子

今に尚火桶使ひて老舗なる/服部夢酔

草餅や橋のたもとにして老舗/飴山實

蓬莱や老舗めでたき御用墨/高橋淑子

初桜老舗に飾る菓子木型/鈴木フミ子

うぐひすや暗き老舗の吉野葛/斎藤道子

俳句例:21句目~

はとバスが老舗に並ぶ鰻の日/中西永年

ほの暗き京の老舗や白桔梗/岡部名保子

ゆきずりの老舗で買ひぬ笹粽/高見孝子

ブティックの隣の老舗年守る/和田郁子

吊し柿して奈良墨の老舗たり/伊藤柏翠

甘酒の老舗はくらし年の市/水原秋桜子

白牡丹河岸の老舗夕かげる/柴田白葉女

新茶汲む狭山老舗に茶の香満ち/及川貞

春寒しさら地となりし老舗跡/山内/功

水かげろふ映る老舗の春障子/廣田宏美

藪入りの死語となりたる老舗町/佐藤豊

水打つて老舗の灯影息づけり/鈴木漱玉

鉾粽飛び交ふ下の老舗かな/佐々木紅春

水取を待つ奈良ぞ佳き墨老舗/桂樟蹊子

秋時雨みちのく老舗蔵づくり/福田蓼汀

仕事場の見ゆる老舗や柏餅/真乗坊とみゑ

御題菓子並び老舗のにぎはへり/池田栄子

大羽子板老舗の帳場ふさぎけり/佐藤瑠璃

自動ドア付けて老舗のさくら餅/八巻絹子

夜も更けて霧に灯ながす老舗宿/高澤良一

俳句例:41句目~

品書の煤け老舗のどぜう鍋/瀬川としひで

香焚いて雪の老舗のクリスマス/伊東宏晃

きさらぎの一夜をやどる老舗かな/飯田蛇笏

ビルの間の老舗さきがけ松立つる/和田暖泡

修司の遺影かんかん帽を置く老舗/遠井雨耕

数へ日や老舗の土間の大かまど/小林沙久子

新海苔やビルに老舗の暖簾かけ/黒米松青子

鮟鱇鍋老舗しづかに客満ちて/佐久間木耳郎

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました