汚れを使用した俳句

汚れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

汚れを含む俳句例

烈風に入日汚れぬ枯柳/川越苔雨

海辺の松黄に汚れ寒日和/瀧春一

汚れ雪世間並にはとけぬ也/一茶

足裏の清楚な汚れ臘八会/牧冬流

牧開汚れ鏡に笑顔ある/四ツ谷龍

太陽の汚れを少し白日傘/檜紀代

冬草や耳たぶ汚れなき青春/爽波

紋白蝶ほどの汚れの白靴に/耕二

白靴の汚れ通ひの看取妻/鈴木子

白猫は汚れ泰山木の花/依光陽子

町の雪汚れ湖畔の雪綺麗/上野泰

雪山に白樺の白やや汚れ/福田蓼汀

汚れなき立春までの掛暦/手塚美佐

雁渡し雪渓汚れ見えにけり/及川貞

文弱の身ほどに汚れ汗拭/深谷雄大

都鳥都は汚れゆくばかり/湯浅桃邑

道少し汚れて雨の花御堂/高澤良一

旅人の如くに汚れ梅雨の蝶/上野泰

桜咲き椿汚れてゐたりけり/辻桃子

大津絵の鬼も汚れつ榾あかり/闌更

俳句例:21句目~

日盛の潮の汚れに白秋碑/木村蕪城

負力士髻土に汚れけり/河東碧梧桐

手術の日冬空少し汚れけり/森田峠

鮟鱇の涎汚れの土間辷り/日向正雅

春愁の夕べを帰る手の汚れ/桂信子

はし紙の汚れも少し薺粥/村木記代

行く春や法衣の裾のうす汚れ/篠原

葱畑に汚れの見ゆる寒旱/宮津昭彦

汚れたる雑嚢肩に秋高し/富安風生

汚れ犬白尾がゆたか枯芒/香西照雄

水汚れ少年の景滅びゆく/森田智子

草枕袷の領の汚れかな/楠目橙黄子

呑んで大鷺の首汚れなし/福田柾子

知床の沼汚れなし月見草/山崎靖子

鬼灯の根に汚れ出る蝸牛/右城暮石

飲食に汚れし炉辺や草の宿/たかし

町汚れ日輪汚れ師走かな/藤松遊子

青春の辞書の汚れや雪催/寺井谷子

汚れなき緑の山気摩耶詣/桑田永子

瓶灼けて裕次郎忌の浜汚れ/原川雀

俳句例:41句目~

豊年の貢の雪も汚れけり/青木重行

啓蟄の雨が明るく梅汚れ/遠藤梧逸

忘れ羽子少し汚れて美しや/上野泰

喰み移る羊ら汚れ春浅し/荒井正隆

一日の夏手袋の汚れ易す/浜川穂仙

一日の汚れが爪に冬薔薇/二村典子

枝豆に牛の汚れの色を見る/松瀬青々

前掛けの汚れて白き昼寝かな/原月舟

労働祭朝の汚れぬ顔急ぐ/殿村菟絲子

いちにちの眼の汚れ天の川/恒藤滋生

桔梗や男も汚れてはならず/石田波郷

梅汚れ番の目白来ずなりぬ/高澤良一

お夜食に汚れし皿を茫然と/岩田由美

口の中汚れきつたり鰯喰ふ/草間時彦

椿落ち恋の如くに汚れたる/成瀬正俊

母子寮に足汚れたる嬰児の死/三谷昭

濃紺の白く汚れし薄暑かな/二村典子

汚れざる白といふ色花菖蒲/細江大寒

汚れたる火元夫婦の眼かな/石原舟月

汚れなき残雪を踏み泉源に/吉波泡生

俳句例:61句目~

啓蟄の芝生は汚れたる感じ/後藤夜半

汚れれば父の匂ひの皮手袋/長沼紫紅

泡盛や汚れて老ゆる人の中/石塚友二

浅間真白冬の教室汚れ易し/宮坂静生

猪汚れ瓜ん坊汚れてはをらず/森田峠

猫汚れをり漱石の忌日なり/清水忠彦

玉乗の玉の汚れに雪舞へり/細谷源二

白手套手綱を取つて汚れなし/森田峠

白服の旅の汚れも二日目に/稲畑汀子

白椿汚れ易きをけふ厭ふ/石田あき子

夏椿総身汚れなかりけり/箕村菜実子

白足袋の汚れもあはれ鹿踊/田村了咲

秋風や汚れて白きかもめ丸/遠藤梧逸

空汚れ街の澄む日や柳の芽/京極杞陽

緬羊の汚れやすさよ受難節/柴田茫洋

花屑のすこし汚れて権太坂/高澤良一

親指のことに汚れて秋日和/坪内稔典

豚駈けて牧の陽炎汚れける/桂樟蹊子

大漁旗揚げ鮪船潮汚れ/長谷川浪々子

天竜の出水汚れの乱れ萩/小田実希次

俳句例:81句目~

太刀を買ふ汚れなき夕銀貨/黒田杏子

貫禄のかくも汚れて鹿の秋/八染藍子

踝の汚れ切つたる昼寝かな/行方克巳

蹠汚れおろ~病めり黴の妻/小林康治

近づきて大白鳥にある汚れ/荒井英子

道瑞の汚れし麦も刈られけり/村田脩

都鳥水汚れたる世となりし/岡安仁義

都鳥汚れし電車橋渡る/長谷川浪々子

銭かぞふ炭に汚れし父の指/菖蒲あや

一滴も血の汚れなき狩の幸/平田冬か

雨月にて馬も羊も汚れおり/山崎政江

雪国の人住むところ雪汚れ/品川鈴子

雪渓の汚れて堅き象皮なす/茨木和生

雪降りし朝や孔雀の声汚れ/加古宗也

霾風やちぎれ汚れし鞭の布/田村了咲

二等兵の肩章汚れ湖荒れる/金子兜太

鮭を打つ槌なりといふ汚れたり/蟹平

人に老扇に汚れおのづから/伊藤柏翠

鳥帰る汚れし醤油差ひとつ/友岡子郷

床に入る足裏の汚れ夏安居/市堀玉宗

タイトルとURLをコピーしました