言うを使用した俳句

言うに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

言うを含む俳句例

凩や馬に物言ふ戻り道/四迷

夜長妻栗色の靴買へと言ふ/欣一

卯の花や馬に物言ふ蓑の人/小波

蝸牛男が幹の青さ言ふ/松本文子

父の日の後姿を妻が言ふ/有働亨

門灯の寒く別れは瞳もて言ふ/原裕

海と言ふ器の中の秋夕焼/大木涼子

杜氏の言ふ狐とは桶寒造/細川子生

雪嶺の麓再会と言ふ茶房/福田蓼汀

母はわが顔の夏痩のみを言ふ/篠原

冬耕の天地返しと言ふ仕事/金井充

夫と言ふ楯を失ひ秋の風/伊藤広穂

悴みし指がもの言ふ袋糶/堀/康代

朧の夜女正しく嘘を言ふ/河西志帆

糸取と言ふ単調を破る客/吉田節子

啓蟄の蟻に言ふ人のあり/高橋昌子

白鷺を雪客と言ふ雪浄土/福田蓼汀

白菊と言う天上の埃かな/北見弟花

蓼の花静養と言ふ旅終る/山田和子

生涯に嘘いくつ言ふ蛇苺/阿部寿雄

俳句例:21句目~

狐罠野犬荒すと炉守言ふ/福田蓼汀

壁深く戻りて夜の朧言ふ/仲村青彦

星窪と言ふ一湾の星月夜/古川俊六

満開の花のことばは風が言ふ/林翔

人の言ふ反革命や冬深む/相馬遷子

海荒らぶ日の春と言ふ大欅/松澤昭

雪山の名を言ふ春の渚かな/山本洋子

雑草と言ふ草あらず仏の座/宇咲冬男

雉啼きて春風萬里莊と言ふ/福島壺春

夏来ると言うに敦煌霙降る/栗田白夜

尉と言ひ姥と言ふ石木下闇/高島筍雄

血の味を少年が言ふ麦の秋/鈴木鷹夫

対岸と言う美しき桜かな/金子日出子

末枯や心事他人に言ふを得ず/風三楼

山の子に筍堀りと言う授業/三浦恒子

卓に組む十指もの言ふ夜の秋/岡本眸

雑草と言う草あらず仏の座/宇咲冬男

雪中の本を宝とは言うな/宇多喜代子

懐手いちいち憎きことを言ふ/西山誠

口癖に安楽死言ふ水中花/平本くらら

俳句例:41句目~

落語家になると言ふ人初礼者/吉井勇

朧夜の物言ふ如き星のあり/鈴木花蓑

若葉して千年と言ふ楠大樹/柴原碧水

臨終と言ふ寂けさに積る雪/仁科紀子

吸入器咥へ瞳のものを言ふ/森本隆子

余呉寒く犬にもの言ふ虚貝/古舘曹人

愁ふ妻二人静にものを言ふ/高橋克郎

毛見か權芥の如く人を言ふ/松瀬青々

手鏡にもの言ふ女鳰のこゑ/鈴木鷹夫

春もみぢ子を前にわが余命言ふ/林翔

もの言うて歯が美しや桃の花/森澄雄

手毬唄片言にいふをともに言ふ/篠原

鳳の言うことをきく天王寺/阿部完市

鮑海女けふの潮の温さ言ふ/西尾敬一

養父と言ふ駅の桑酒秋の暮/田中冬二

噴水の向ふで妻が何か言ふ/畠山譲二

音と言ふ音に敏感山枯るゝ/浜屋刈舎

雪踏みて母に賀を言ふ奥丹波/杉本寛

夏落葉嫉妬と言ふ字女偏/植田みつ女

牧と言ふ向うは大雨柘榴酸し/松澤昭

俳句例:61句目~

手麹唄片言にいふをともに言ふ/篠原

今と言う余生暇なく萩の風/加藤うめ

蚕休みと言う頃合を行商婦/志賀敏彦

裏山にまずものを言う大旦/杉本雷造

一握り雪をとりこよ食ぶと言ふ/篠原

一目見て猪の荒せし跡と言ふ/伊東肇

言う前に小鼻が笑う豆の花/上田歌子

けふ立冬癌を病む友言ふ静か/及川貞

二月礼者越後の雪の深さ言ふ/出岡実

初富士や木花開耶吉事言ふ/田中水桜

枝豆や最終便にしろと言ふ/山田弘子

海底も秋酣と海女の言ふ/町田しげき

晩節と言ふ語重たし桐一葉/冨田みのる

暑さ言ふ戸口に赤き三輪の幣/佐野美智

書初や衰へならで枯れしと言ふ/瀧春一

木の芽和残り時間を夫が言ふ/塚本久子

柿剥いて大事を事もなげに言ふ/湯川雅

桑に言ふ八十八夜までの霜/長谷川素逝

はいと言ふ明るき声や今年竹/末永悦代

歌の終りまで毬をつき得しを言ふ/篠原

俳句例:81句目~

止まらぬ月ぞ梟ほうと言ふ/殿村菟絲子

もの言うて菩薩親しも練供養/今井妙子

母にだけ言ふ悲しみや黄水仙/野島禎子

浮び出し春暁の顔ものを言ふ/綾部仁喜

涼しさを添へてもの言ふ夜の秋/森澄雄

熊蜂の巣もあると言ふ庭広し/松崎亭村

牛飼ひの牛にもの言ふ桃の花/宮岡計次

甲冑の口がもの言ふ花の冷/松清ともこ

病む人に白き嘘言ふ朝ぐもり/堀口星眠

ものを言ふ口が仰いで桐の花/山西雅子

先生の名を言うてみよ葱坊主/大石悦子

秋晴の空気を写生せよと言ふ/沢木欣一

秋遍路硫黄島から来たと言ふ/吉田汀史

翁かの桃の遊びをせむと言ふ/中村苑子

聞き置くと言ふ言葉あり菊膾/中村汀女

臨終の目にてもの言ふ花水木/三森鉄治

船頭の蓬団子を買へと言ふ/瀧澤伊代次

若葉雨なにかやさしくものを言ふ/麦南

茫茫と言ふ他はなし去年今年/小出秋光

ソーダ水心ならずも嘘を言ふ/内山泉子

タイトルとURLをコピーしました