ささげを使用した俳句

ささげに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

ささげを含む俳句例

長茄子提ささげなど笊の中/虚子

ささげ干す半畳ほどの荒莚/神蔵器

魂祭種のこされし角小豆かな/かめ

ささげ採る籬のそなたや生駒山/几董

月の夜の十六ささげ湖に出づ/森澄雄

もてゆけと十六ささげともにもぐ/篠原

朝顔や角豆にとどく蔓もつれ/浜田酒堂

白和は飛弾の十六ささげかな/清水基吉

虹の階数段のぼりささげ摘む/藤岡筑邨

ささげ摘む籠を小脇に恵那夕焼/富安風生

ささげ畑あり山荘に住める画家/勝俣泰享

あをあをと十八ささげ茂吉の地/森田公司

国分寺あとにはじけて種ささげ/豊島美代

地に垂るる十六ささげ秋立てり/岩田はつ

大雨の土はねあげしささげもぐ/曾根原泉

手当りに手当りにつむささげかな/上野泰

湖へだつ不二真向にささげ干す/甲賀山村

ささげつむ田舎といへど京近く/松尾いはほ

ささげの莢あばけばパンテオン虚し/竹中宏

ささげ赤し落人らしく平家住む/阿波野青畝

俳句例:21句目~

エプロンの似合ふ女生徒ささげ摘む/森田峠

二つづゝ垂れて十六ささげかな/松本かをる

二三日しては又摘むささげかな/増田手古奈

地について曲りたわめる長ささげ/高浜虚子

摘みに行くささげの赤き遠目かな/高濱虚子

野良よりの帽子にささげ入れ戻る/奥沢竹雨

ありあはすささげにて針まつりけり/河原白朝

タイトルとURLをコピーしました