法師を使用した俳句

法師に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

法師を含む俳句例

足摺や宿守法師花の山/和鶴

秋はただ法師姿の夕かな/宗因

はつ雪や静に百の法師達/土芳

羽織着よ鞍馬法師も年男/言水

大年の口慰みの梅法師/藤田湘子

うぢ山や落葉衣をきせ法師/季吟

凩や鐘撞く法師五六人/正岡子規

法師達の衣のいろや冬の空/越人

楷書にて桃青法師猫柳/田中水桜

中興の蝶夢法師の嚏堂/高澤良一

赤きもの纒うて寒の弱法師/鍬江

背高き法師にあひぬ冬の月/梅室

細腰の法師すゞろに踊かな/蕪村

剃て住法師が母のきぬた哉/炭太祇

茎立や法師の息の酒臭き/鈴木鷹夫

蓬莱や法師と翁ここに来し/大串章

山領は法師ばかりの相撲かな/遅望

薙刀に寒月高し法師武者/正岡子規

角切や鹿と組み合ふ奈良法師/由平

豪快に法師の一刀竹伐会/浅野/房

俳句例:21句目~

春風や淀川下る琵琶法師/正岡子規

鎌倉や秋の夕日の旅法師/正岡子規

霜日和腹を出てくる糞法師/不死男

鵯の青の法師の冬始め/八木林之介

麥秋や一夜ハ泊る甥法師/蕪村遺稿

朝霜や憎き法師の高足駄/会津八一

松韻や裸でゐたる痩法師/景山壱正

如月や久々逢ひし弱法師/野村喜舟

栗めしや根来法師の五器折敷/蕪村

行年や竝びが岡の歌法師/正岡子規

乾坤の間に接木法師かな/前田普羅

江戸桜吉野法師もなるまいぞ/安昌

法師にもあはず鳩吹く男かな/言水

信濃路や蝿にすはるる痩法師/許六

盛ぢや花に坐浮法師ぬめり妻/芭蕉

竹伐や面のやさし荒法師/藤本朝海

素玄寺の芒丈なす荒法師/高澤良一

花散て帰山の法師寒げ也/正岡子規

寒垢離の逆髪濡れて荒法師/富安風生

頭巾着て声こもりくの初瀬法師/蕪村

俳句例:41句目~

小法師に心ゆるすな女郎花/子規句集

漉上る紙より雫小法師かな/鈴木鷹夫

雲の峰を看る放参の法師原/石井露月

この町の弱法師は誰彼岸寺/京極杞陽

さび声の地唄法師や春の雨/中川四明

小法師や虫なく秋の句沢山/飯田蛇笏

根切虫今に宇治山荒法師/波多野爽波

涼しさは篝火に浮く弱法師/鈴木鷹夫

栗燒いて經義爭ふ法師かな/正岡子規

日の入や法師居竝ぶ御命講/正岡子規

痩法師師走の質屋覗きけり/渡辺香墨

牡丹をこよなく愛し荒法師/小畑一天

わざ劣る猿楽法師雪に来ぬ/筑紫磐井

万緑や万の影曳く石小法師/石田章子

百千の石の小法師の秋の声/野澤節子

蚊遣火に宿かる法師色白し/正岡子規

庵出て春の竹伐る法師かな/佐川広治

麦哥の声まね行や琵琶法師/高井几董

草庵に二人法師やむかご飯/村上鬼城

石小法師顔犇めきて虹あかり/岸田稚

俳句例:61句目~

初売の加賀の起上小法師かな/飴山實

弱法師我が門ゆるせ餅の札/榎本其角

梅か香や尼寺のぞく弱法師/正岡子規

吹降りや土筆法師の荒修行/藤田湘子

秋はこの法師すがたの夕べかな/宗因

花火舟良暹法師はしらざりけん/鉄丸

竹伐の法師や稚児に従ひて/田中王城

花便り京に知音の二タ法師/河野静雲

月と寝て山を下り来る弱法師/伊藤格

夕立やころころ落る梅法師/正岡子規

夕虹の消え石小法師顔のなし/岸田稚

摂待に女具したる法師かな/内藤鳴雪

風呂吹に集まる法師誰々ぞ/正岡子規

月の能法師曳き行く高足駄/巌谷小波

芒原餓鬼も法師も水飲みて/斎藤梅子

頭巾着て平家を語る法師哉/正岡子規

法師子の故郷かたる焚火かな/伊藤虚舟

お命講や立ち居つ拝む二法師/村上鬼城

かし鳥や彼の早口の法師来る/高田蝶衣

御室田に法師姿の案山子かな/高浜虚子

俳句例:81句目~

したゝかに稻荷ひゆく法師哉/蕪村遺稿

杖さそふまゝに良夜の弱法師/緒方句狂

ほつねんと小法師ひとり桑の道/泉鏡花

針磨りの法師が宿も供養かな/菅原師竹

隠逸のものとはいはす梅法師/正岡子規

頭巾着て法師か知らじ安良殿/黒柳召波

餅花の影ふりかぶる法師かな/下村槐太

三光鳥すめらぎみ子の琵琶法師/林日圓

魂抜けし炭団法師と年越せり/高澤良一

鳩吹を叱る法師もなかりけり/正岡子規

冬されて淋しき顏や琵琶法師/正岡子規

冴返る灯や半顔の琵琶法師/石島雉子郎

十六夜の親子狐は影絵法師/脇本千鶴子

卯の花や弱法師の袖に蝨ちる/正岡子規

呵責なす法師茸に堕ちにけむ/筑紫磐井

哀れなる法師も見えつ彼岸寺/会津八一

浜木綿は甲羅法師のかざす花/山口誓子

喜撰法師蛍の歌も詠まれけり/山口素堂

埋火や師のかへり待つ二法師/西山泊雲

夕顔に物問ひたげの法師かな/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました