嘆く/歎く/嘆き/歎きを使用した俳句

嘆く/歎く/嘆き/歎きに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

嘆く/歎く/嘆き/歎きを含む俳句例

浦島の嘆き洩れくる鳥曇/原裕

歎けとて瓢ぞ残る垣の霜/素堂

西行の嘆きに満つる春の月/原裕

何色の声もて歎く雪女/江ほむら

蜩や愛傾けば嘆き添ひ/佐野美智

女同志氷水飲み身を嘆く/堀内薫

大雪を嘆く鴉の舌赤し/西村公鳳

歎き唄郡上踊を挟む軒/石川桂郎

死者のこと山程嘆き薬喰/寺井谷子

陶枕の詞は孤閨歎きけり/由山滋子

止る枝の細きを嘆く寒苦鳥/檜紀代

鶏頭の影と女のなげきぐせ/六林男

穴惑ひ縞美しと嘆く間に/山口誓子

細雪地球の嘆き包みつつ/多田紀子

秋深し嘆きは人の辺にかへる/鷹女

酩酊に似たり涅槃をひた歎き/誓子

大いなる嘆きの年や鰯雲/長谷川櫂

白鳥の夜は嘆きの首埋め/内野弓子

行水の老尼はなげく二日月/原石鼎

錦繍の秋鰐口は嘆くなり/川崎展宏

俳句例:21句目~

諸鳥の地に嘆かへり涅槃像/秋櫻子

甚平や長身つねに歎きあり/赤松子

我事にわが嘆きある燻炭/石塚友二

すり減りし骨を嘆きつ春の宵/原裕

白を潟に啜りて歎かんや/西東三鬼

白象を笑ひ嘆かせ涅槃図絵/赤松子

浮くと嘆けり養殖の囮鮎/茨木和生

秋の蝉なげきの森を抱きけり/調和

嘆くとき顔の前なる種瓢/草間時彦

夏赤き月を砂丘に嘆くなり/有働亨

落日の獣身を寄せ嘆き合う/三谷昭

荘厳の陸にいどむと磯嘆き/竹中宏

死を嘆く小刻みの動薪能/茨木和生

托卵の定め嘆くか閑古鳥/内田園生

舟人海女深潜きして深嘆き/下田稔

春鴉野に悪声は嘆くまじ/河野南畦

止る枝の細きと嘆く寒苦鳥/檜紀代

暗さ嘆き山青風嘆き踊唄/加倉井秋を

麦を踏む父子嘆を異にせり/加藤秋邨

吊忍病弱なげくすべなしや/村山古郷

俳句例:41句目~

あはあはと風の嘆きの枯芙蓉/岸田稚

なげき持ちし日の雑草の実/橋本夢道

花にあかぬ歎きはいつも影灯籠/惟中

衣裳法度桜になげく生れ時/井原西鶴

囀りに混らぬものに嘆き声/宗/康子

傀儡の歎き伏したる畳かな/橋本鶏二

くしけづる君が歎きのこもる壁/篠原

近よれど声なき嘆き涅槃像/佐野良太

寒紅やせうなきことを深嘆き/辻桃子

枯萩に師の亡き嘆き深めけり/大串章

嘆きつつ葛の花踏み越えんとす/林翔

青獅子も首垂れ嘆く涅槃変/福田蓼汀

森の日の嘆きかたむく雪蛍/堀口星眠

壁と壁嘆きあひけり蓬餅/河原枇杷男

花槐君がをとめの立ち嘆く/大石悦子

白玉や人づきあひを又歎き/中村汀女

水中花嘆きの泡は手放さず/清水衣子

山鳥の嘆く尾曳ける涅槃像/後藤夜半

臥すは嘆き仰ぐは怨み流し雛/岡本眸

瞠けぬなげき寒夜の藁の馬/鈴木鷹夫

俳句例:61句目~

伎芸天拝し厚着の身を嘆く/坂間晴子

舟虫の相寄るは嘆きあふ如し/大串章

朴落葉百を火として歎くのみ/上村占

梨花白し歎かば消えむ疲れかも/林翔

初かがみ母嘆かせし雀斑も/石田郷子

青簾下げて歎きの壁とせむ/鈴木栄子

夕焼や人のなげきはすぐ忘る/油布五線

流木は海の歎きか蝶生るる/高橋謙次郎

涅槃像歎きの色を帯びにけり/牧野春駒

涅槃図の虫の歎きとは如何に/大橋敦子

間残す歎きのかずや梅のはな/立花北枝

風青し古うぐいすの歎きぶし/西東三鬼

まゆ玉や嘆かひの詩の万太郎/草間時彦

嘆けとてふくべぞ残る垣の霜/山口素堂

蚊遣火に境涯なげく人とあり/伊藤皓二

掛取りの足賃かさむ嘆かんや/石塚友二

逝し児を生残る我をなげく哉/加舎白雄

木の葉髪夢にも母を歎かすや/大網信行

蛍袋ほどの嘆かひこの子にも/仙田洋子

青紫蘇の青のかぎりを歎かむや/齋藤玄

俳句例:81句目~

三角に蕎麦種嘆くたなごころ/萩原麦草

炎日のもと来しなげき流人帖/大野林火

鬼灯のさすればつぶす歎かな/服部嵐雪

鴨のなげき共々空に首のべて/細谷源二

あれ程の嘆きを籐椅子に睡り/江口喜一

涅槃図の虫の嘆きとは如何に/大橋敦子

どか雪を嘆きの果のただ棒立ち/下田稔

乳垂らぬ農婦の嘆き旱の夜/石橋辰之助

冬耕の片日受け田と嘆きつつ/茨木和生

山蔭のえごの実海を見て嘆く/松村蒼石

吐く息は嘆きの息や春ならひ/手塚美佐

嘆きつつ中洲の雲雀棒立ちに/栗生純夫

嘆き堪へまた秋風の山に来し/福田蓼汀

秋時雨農継ぐ子なきこと嘆く/西田美季

噴き出づる嘆きのさまに雪柳/手島靖一

花八ツ手薄き乳房は嘆くべし/楠本憲吉

蟻が出て妻嘆くこと亦増えし/右城暮石

囃しをる彼方嘆きをる此方夕蛙/中田剛

天道虫嘆きの果ての手に移す/横山房子

嫂の落ち蚕を拾ひ嘆きたる/瀧澤伊代次

タイトルとURLをコピーしました