書院を使用した俳句

書院に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

書院を含む俳句例

春風や書院の棚の大硯/正岡子規

鴬や書院の雨戸走る音/服部嵐雪

恋人と書院に語る雪解かな/泉鏡花

使者独り書院へ通る寒さかな/其角

窺ふや書院を匿す今年竹/石川桂郎

石楠花や奥書院へと長廊下/星野椿

山寺に書院を覗く桔梗かな/尾崎迷堂

掛香の書院に座しぬ風去来/大森保子

燕子花書院は池に影正し/水原秋櫻子

水仙に空気動いてゐる書院/鈴木鷹夫

国宝の書院の縁に梅を干し/清崎敏郎

木斛の実の赤らめる書院窓/高澤良一

客一人水涕すゝる書院かな/尾崎紅葉

小書院のこの夕ぐれや福寿草/炭太祇

春暁や点りしまゝの奥書院/大本正貴

蓬莱の小く見ゆる書院かな/正岡子規

鯉涼し藤樹書院の門川に/山方美智子

藤の香の通ふ南朝書院かな/笹/寿子

数へ日の書院ながらや砂の日/岡井省二

書院には何か会ある松手入/大橋越央子

俳句例:21句目~

深山の書院に住みてやもめ僧/飯田蛇笏

松陰の遺硯いかしき夏書院/下村ひろし

うぐゐすや書院の雨戸走る音/服部嵐雪

秋の蝶書院の壁に枯れにけり/高田蝶衣

この書院本を堆みたり山涼し/岡井省二

笹鳴や十能の火を書院まで/大峯あきら

筆硯の小さき黴の書院かな/大峯あきら

菊の香に灯して広き書院かな/島田青峰

使者ひとり書院へ通るさむさかな/其角

雪風や書院午ぢかく掃除すむ/飯田蛇笏

冬の蚊や書院の畳やや窪み/石垣青☆子

小書院の揚げし蔀に小鳥来る/木村蕪城

大賀蓮咲けりと書院開けらるる/赤間智子

木影濃き書院にかをる茉莉かな/那須茂竹

吉良の忌の書院に庫裏に客溢れ/米津一洋

滝を見る平氏の寺の書院かな/長谷川かな女

切り抜きの月光を置く書院の間/佐藤美恵子

八千草を咲かせ書院を開け放ち/中村日出子

虚子の世を偲ぶよすがの黴書院/石川星水女

蚊遺火の燃え尽きてゐし書院かな/茨木和生

俳句例:41句目~

書院の縁に松の花粉や掃けば飛ぶ/河野静雲

タイトルとURLをコピーしました