駈けるを使用した俳句

駈けるに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駈けるを含む俳句例

ぬけ駈けの仏一体花の下/原裕

虎杖を脇挟み僧駈け降り来/篠原

春陰や唐三彩の天駈く馬/杉本寛

春一番言霊のごと駈け抜けし/裕

幾人か時雨駈けぬく勢田の橋/丈草

秋の水斜に岨を駈けるあり/瀧春一

牧駈けし犬の荒息涼新た/杉山鶴子

銀杏散る兄が駈ければ妹も/安住敦

原爆忌土埃あげ駝鳥駈く/熊谷愛子

兜虫ある夜の少年駈けてをり/原裕

石の鹿灯袋を駈け二月尽/伊藤敬子

荒行の熊野奥駈け男郎花/遠井俊二

銀杏ちる兄が駈ければ妹も/安住敦

春突風少女礼するまも駈けて/節子

駈梵天奥の宮まで駈け通す/宋岳人

春一番鶏駈け鶏にぶつかれり/達弥

蝉取の黐竿しなひ~駈け/清崎敏郎

駐在所前を駈けぬけ青蜥蜴/高澤良一

暮早き里山子らの駈け下り来/堀磯路

薫風や両手翼に子ら駈ける/甘田正翠

俳句例:21句目~

本堂を斜めに駈けて嫁が君/生田喬也

駈けてゆく水際遠し雲の峰/星野立子

四五柱英霊に駈く汗噴きつ/石塚友二

蔦紅葉逸りし風の駈け上る/高橋青塢

鷭の子ら駈け戻りては母囲み/関木瓜

松明の畦を駈けゆく虫送り/甲賀山村

麓まで一気に駈けて龍田姫/山仲英子

駈けし力やや余り居り鰯雲/嶋野國夫

花の奥より蕾駈け出づ桜草/加藤楸邨

盆踊落葉松を月駈けぬけぬ/加藤楸邨

六道の辻を駈け抜く恋の猫/尾関佳子

丘駈けてゆく少年の夏帽子/柴田信子

内陣を御馬駈けして嫁が君/小松月尚

青蔦の塔駈けのぼる風の筋/梶川幸子

吾子が駈け我が心駆け運動会/秋沢稔

青嵐大海人の皇子駈けし道/木村緑枝

霜に駈けて林檎童子と炭童子/知世子

母馬の視界の限り仔馬駈け/住友和子

岸壁を駈けあがる波成人日/中村明子

城の崖飛ばずに鶫駈け登る/茨木和生

俳句例:41句目~

負け犬の身を細め駈く巴里祭/岸田稚

霙めく夜道そこ駈け乞食酒/石塚友二

雷雨中駈けて林間学舎の子/中原一樹

椋鳥駈けて夏草雨を催しぬ/内藤吐天

雪晴や鎖を曳いて犬駈くる/藤岡筑邨

浮袋腰に支へて駈けり来る/行方克己

墨染めの衣駈けゆく花の雨/澤田律子

牧閉づる日程報す馬駈けて/桂樟蹊子

雁鳴くや父と駈けたる膝頭/長谷川双

少女駈け犬駈け浅瀬夏となる/橋本博

いわし雲天龍寺船穹駈けて/高澤良一

少年と犬と野を駈け秋高し/藤松遊子

湾奥へ波の穂が駈け春一気/奈良文夫

崎鼻に潮駈けのぼる野水仙/小川斗夢

捕虫網駈けて入道雲も取れ/荒井正隆

黒杉へ駈けて冬来る柔道着/鈴木鷹夫

豚駈けて牧の陽炎汚れける/桂樟蹊子

駈けり来し大烏蝶曼珠沙華/高浜虚子

行く雲や犬の駈け尿村時雨/松尾芭蕉

駈け降りて登る岬や春の星/五島高資

俳句例:61句目~

新藁よりやや白き鶏朝駈けて/香西照雄

駈けぬけし犬に驚く蕗のたう/堀口星眠

駈けて来る子の顔暗し夕桜/深見けん二

わが少女花火明りに浮きて駈く/岸田稚

天彦呼びに山彦駈くる斧始/大野せいあ

孕み馬ゆつくり歩み駈くるなし/加藤洋

寒林にまぎれず駈くる一騎あり/桂信子

少女と駈く一丁ほどの夕立かな/岸田稚

馬駈けて菜の花の黄を引伸ばす/澁谷道

飾臼鶏駈けあがり追はれけり/宮下翠舟

早春の砂丘なゝめに駈け下る/大橋敦子

風の子が駈けすぎしより鍬始/石川桂郎

病床に駈くる真似して秋の風/石田波郷

蝶涼し一言主の嶺を駈くる/阿波野青畝

裾野駈く雉子に妻あり夫あり/高澤良一

青冬日めがけ火の山駈く砂塵/羽部洞然

雪嶺より稜駈けりきて春の岬/大野林火

雪山へ狐の駈けし跡いきいき/大野林火

佐保姫の駈けぬけてゆく土煙/今田笹舟

湯帰りの子はもう駈けて鳳仙花/岡本眸

俳句例:81句目~

淡雪を駈けぬけて来し妻の髪/皆川白陀

鉄の肺二十世紀を駈け抜けり/高澤良一

遠足の子等の駈け寄り地曳網/西村和子

角伐られ影新しき鹿駈け出す/丸山佳子

ほとゝぎす声駈け下る千枚田/相馬遷子

ほろほろ鳥駈け風花を一と煽り/岸田稚

落葉駈けめぐる燭なき首塚を/渡邊牢晴

冬うらら先頭は犬子等駈ける/石川風女

冬ざれの梢駈け行く千切れ雲/手島知韶

百千の白兎駈け来る冬の浜/山田みづえ

冴返る星夜駈け出す師の下ヘ/相馬遷子

凧の糸天駈ける風を指にせる/内藤吐天

勝馬の鞭当てられず駈け抜けし/堀恭子

十歩に山頂お花畑を駈け登る/福田蓼汀

白鳥を送りて遂に駈けだせり/太田土男

羽脱鳥卒然として駈けりけり/高濱虚子

男等の駈け込み寺ぞ釣堀は/黒坂紫陽子

犬枇杷に沖より旭駈けつけし/高澤良一

喪の家の水さざめきて冬駈け来/岸田稚

犬と駈け広がり止まぬ初山河/都筑智子

タイトルとURLをコピーしました