目薬を使用した俳句

目薬に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

目薬を含む俳句例

目薬は夜も空色猫の恋/宮脇白夜

目薬の一滴硬し春の草/小川軽舟

飲食も目薬さすも春炬燵/久力澄子

初蝶や目薬さして溺れさう/辻桃子

料峭の目薬頬を流れけり/吉田洋子

目薬をさせば夏野の大欅/野木桃花

目薬をさす頤や冬座敷/八木林之介

目薬を頬に余して春の宵/矢島仙子

目薬の一滴波郷忌が近し/鈴木鷹夫

目薬の処暑の一滴頬伝ふ/長村雄作

目薬のどれも底つく九月尽/代田青鳥

目薬のぴりりと染みて寒の明/森好文

桜南風犬に目薬さしゐたり/菅原鬨也

目薬をさし名月を滲ませる/秋山青潮

目薬をさせば水色五月来る/片山慶子

蝿帳のなか何や彼や目薬も/後藤綾子

青北風の目薬零す膝がしら/原口鬼灯

秋風の目薬をさし千里眼/中尾壽美子

新緑や目薬させば目の新た/長崎雁来子

疲れ眼に目薬しみる夕雲雀/小松崎爽青

俳句例:21句目~

目薬ではじまる天井の冒険譚/稲葉百穂

目薬をさせばくもりぬ秋の空/宮下翠舟

目薬の睫毛におちる月はじく/川口重美

目薬をさせば春愁あふれくる/高橋悦男

目薬の木の芽吹とて皆仰ぐ/阿部ひろし

目薬を注し紅葉山覚ましけり/佐川広治

目薬の一滴が外れ今日の秋/佐藤美恵子

見送りて目薬をさす帰雁かな/丸谷才一

目薬をさして辞書引く秋の夜/平沢笙一

目薬も持薬のひとつ風は秋/米澤吾亦紅

目薬さして冬も燈火に親しまねば/安住敦

目薬にふくらむまなこ養花天/片山由美子

目薬のうすももいろの寒さかな/長谷川櫂

目薬の落ちくるまでの秋思なる/内田美紗

砂漠に一滴目薬落ちて炎上す/八木三日女

目薬をさしてしばらく螻蛄の闇/丸木あや

目薬をさして虫の音透きとほる/田阪笑子

ばらりと冬星目薬をさす口あける/川口重美

目薬さす佐渡へぐらぐら落つ秋日/館さくら

目薬師の目の字ばかりの大暑かな/細川加賀

俳句例:41句目~

薔薇咲けり目薬二滴またこぼれ/河野多希女

タイトルとURLをコピーしました