パン/麺麭を使用した俳句

パン/麺麭に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

パン/麺麭を含む俳句例

一塊のパン荒々し初日影/原和子

秋風や麺麭の袋の巴里の地図/敦

雀らにパン屑頒つ喪正月/中村明子

パン食を嫌う一徹時計草/山本美枝

パン種の匂へる厨朝の鵙/山田弘子

立春の佛蘭西麺麭の虚かな/小澤實

雪催パン種たたき叩きつけ/深谷芳枝

パン抱へ女礼者の帰路急ぐ/小室藍香

長きパンに短き袋巴里祭/吉田つよし

白熊が食パンを喰ふ食事時/瀧井孝作

弁当のパンがわきゐて咳さぞふ/篠原

喀血のあとパンを食ふ泪して/弓削鴻

燕来るパンの匂ひの朝の駅/池田祥子

囀や一片のパン焼けば足り/遠藤梧逸

パン林檎指輪衣肉なみだ顔/和知喜八

パン袋掌に冬鵙とはたと会ふ/原田喬

寮母きて夜業織娘にパン配る/鈴木学

パンの耳雀に撒きて受難節/江崎成則

パンをさく島山青き朝焼に/岸風三楼

麦の秋朝のパン昼の飯焦し/鷹羽狩行

俳句例:21句目~

棗咲き村に一軒パン焼く店/田中英子

餡パンの臍のたしかや冬麗/宮坂静生

麺麭抱えゆく本牧の日短か/高澤良一

夏きざす素行不良のパン焼器/中里良

食パンの頑固な四角開戦日/葦岑和子

食パンの七日目黴の創世記/大嶋康弘

風邪の床出て老犬にパン頒つ/角淳子

涼新たパンに眠りし烏賊の墨/二村典子

水洟の神は餡パンかぶりつく/三村正次

パン種を打つ音寮の若葉雨/鳥居おさむ

湯気籠るパンの玻璃棚母恋し/香西照雄

サルビアの焔に雨や麺麭作り/堀口星眠

橡咲くや夜学生へのパン売場/田中灯京

白鳥に届かぬパンや鴨迅し/若木ふじを

冬虹や窯より出して麺麭の音/柚木紀子

夜学生麺麭買ふ大き闇負ひて/森本柿郷

パン箱にパンの艶あり鑵焚火/香西照雄

楽の裏冬の楽屋にパンひとつ/宮津昭彦

新涼や朝の麺麭積み玻璃曇る/宮坂静生

隙間風パン焼く香り運びくる/田中雅子

俳句例:41句目~

終戦日ミルクに浸すパンの耳/崎間恒夫

蛞蝓に塩ふるパン種膨らんで/柿本多映

裏方へあんパン届く聖誕劇/坂本真理子

西日とパン焼いて産後の女達/対馬康子

熱風の樹に倚り白き麺麭を食む/三谷昭

パン買ひに三味線草の近道を/細見綾子

鏡餅据へしパン屋のレジスター/小梅順

開戦日厨にパンを焼く匂ひ/吉田八重子

阪神忌笊に干さるるパンの耳/木下節子

桜草棒パン呉れたは竹中郁/伊丹三樹彦

枯山や枯山なしてパン並ぶ/金箱戈止夫

陽も沖も一月朝のパン匂ふ/神尾久美子

雪の夜のパン売る雪の囮めき/斉藤夏風

朝刊とパンとコーヒー風五月/浅野右橘

雪解靄パン屋に広き駐車場/菊池ふね子

雷走りパンの片側くらくせり/岡田史乃

非常時用乾パン棚に春立ちぬ/池田澄子

霜抽く葦麺麭の骰野に伏して/成田千空

黄麦を通る手籠にパン満たし/野澤節子

食パンにはさむ夕焼色のもの/対馬康子

俳句例:61句目~

朝のパンほどよく焦げて初嵐/富安風生

パン購ふは八重歯の少年朝桜/加藤水万

餌台に餡パンのあり愛鳥日/斉藤志津子

餡パンのへそ歪なる銀座かな/攝津幸彦

麺麭家族祭農家にはさまれて/右城暮石

麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜/飯田蛇笏

春暁のパンをちぎるも一人旅/山本歩禅

拘りのパンの焦げ目やパリー祭/関礼子

強霜に驚きパンを焦がしたり/津田清子

パン食の胃である坂の加速感/川端麟太

パン黴びて朝の欠食いさぎよし/金子潮

北狐パンくはへしが振り返る/長谷川櫂

山荘にパン焼く匂ひ辰雄の忌/森田君子

やはらかきパン抱へ来る初嵐/内藤吐天

サルビアの焔に雨やパン作り/堀口星眠

山燕遠くは飛ばずパンうまし/林原耒井

子が残すパンの耳食べ桃水忌/神谷わさ

如是我聞パンの匂いの十二月/石崎素秋

天使祭棒パンと棒胸に抱き/沼尻巳津子

パンごと裂ける黒人の指花石榴/竹中宏

俳句例:81句目~

パンちぎる一口大の秋思かな/対馬康子

外は北風パン種のぬくみけり/如月真菜

パンのやうに匂ふ少女ら蛇苺/富田直治

パンの匂いの村で弟嫁もらう/阿部完市

夏海の匂ひ真白き朝のパン/平井さち子

五月雨の竹の緑や朝のパン/大谷碧雲居

人夫のパン部厚し春の雨上る/岩田昌寿

パン分つ看護婦の胸春日満つ/岩田昌寿

冬の雨パンつけて傘返しけり/室生犀星

千切るパン艀をなでる夜の息/赤尾兜子

パン焼く香溢る青山薄暑かな/恩田秀子

冬虹や窯より出してパンの音/柚木紀子

初午の笛太鼓パン焦がしたり/石川桂郎

うららかに朝の麺麭など焦しゐむ/安住敦

パン種を秘して老舖や巴里祭/下村ひろし

パン積んで陳列棚くもらす朝櫻/中島斌男

春の星さちうすき日の麺麭を焼く/三谷昭

昼寝の手掴みし麺麭を離さざる/加藤秋邨

森の奥パンの実青く焼かれおり/金子兜太

歴程や月を焦がしし朝の麺麭/田川飛旅子

タイトルとURLをコピーしました