杜を使用した俳句

杜に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

杜を含む俳句例

常闇や巌裂く杜宇/尾崎紅葉

老鴬や杜の都の工学部/小池都

諒闇の都大路や杜宇/寺田寅彦

烏賊売の声まぎらはし杜宇/翁

初篝杜の真上に月の暈/辻正一

巣立鳥あそべり峠隠す杜/及川貞

裸電球杜に巡らせ夏祭/高澤良一

鶯や神の火残る杉の杜/正岡子規

稲雀神の杜にて雨休み/辻田克巳

色日傘万葉園の杜歩く/塩川雄三

八幡の杜に君臨熊蝉は/高澤良一

髪白くなり蜩の杜を出づ/関成美

古杜陽炎力無くもえぬ/正岡子規

唐崎の一夜の雨や杜宇/井上井月

囀の杜に余れば天に撒き/湯川雅

風の日は何にかたよる杜宇/杉風

青嵐上野の杜も庭の内/正岡子規

辛崎の一夜の雨や杜宇/井上井月

突き当る杜の暗さや烏瓜/斎藤道子

神歌や上野の杜の能始/文挟夫佐恵

俳句例:21句目~

御篝の腹なと見せよ杜宇/正岡子規

我宿の山梔子しろし杜宇/松岡青蘿

流星や祭火消えし杜の上/羽部洞然

杜出れば炎熱地獄街歪む/吉原文音

若葉して欅は杜の明り取/高澤良一

朝神楽尾山の杜の梅匂ふ/塩/由造

木々の闇植ても置かず杜字/千代尼

起請文累々芽吹く杜にて/高澤良一

杜の蝉少年達を生捕りに/大石浩平

杜に鳴く鵯よ鴉よ鹿島宮/高木晴子

月のぼる健三郎の杜青く/武内敦子

波郷忌や杜の明るき冬泉/中田樵杖

前景に光源古神の杜霞む/香西照雄

法師蝉ぐうんと高き杜欅/高澤良一

梟や口真似すれば杜の中/寺田寅彦

欅若葉して徘徊の杜深く/高澤良一

鵙鳴けば朝霧杜に卻きぬ/山谷春潮

貝寄風や米負ひ登る島杜/牧野春駒

若菜野や杜ある所社あり/大櫛静波

梟の谺のこもる月の杜/つじ加代子

俳句例:41句目~

楡の杜深く人ゐて夏の月/田村了咲

笠とるや杜の下道蝉時雨/正岡子規

杜深く巣懸く鴉を皆敵視/高澤良一

屯田の祖神の杜や菊薫る/坂内保二

頂の山火かくさず鹿の杜/古舘曹人

山雀や梢日当る杜の木々/泉並末香

雨に濡れ杜國配所を稲車/田中英子

ひた鳴て南し去りぬ杜宇/寺田寅彦

大雹や鹿の子冒し杜犯し/下村槐太

祈願して雨後満開の花の杜/対馬康子

神苑の杜を歩けば忘れ角/白井八重子

祭前杜つつぬけに川の音/上田日差子

稽古客ふと杜絶えをり日短/佐野ヽ石

退屈な杜風船が逃げにけり/菖蒲あや

聞いて見やれわれらが口も杜宇/可朝

色鳥に杜の校舎の時の鐘/島村元句集

ちちははの魂の青杜柞杜/加倉井秋を

つき当る杜のくらさや烏瓜/斎藤道子

草刈るや小雀の杜は深からず/及川貞

薫風や大文字を吹く神の杜/正岡子規

俳句例:61句目~

造成の残せし杜に蝉生まる/福川悠子

のこる杜に今いま今の寒入日/及川貞

酒澄めり祭の杜の空見えて/茨木和生

鉄柵に杜の日は冷え巣立鳥/古舘曹人

闇の夜や塔のあふなき杜宇/正岡子規

闇の夜や塔のあふなし杜宇/正岡子規

陵杜へ夕べをはぐれ寒鴉/尾亀清四郎

三囲の杜色鳥の飛び交へり/山口耕堂

事始榾積み上げし神の杜/並松生代女

隣家へは杜一つおく十三夜/原田青児

夏落葉祭の済みし杜に降る/高澤良一

仰き見る杜の梢より夜明哉/正岡子規

鶯やみあかしのこる杉の杜/正岡子規

仰き見る神の杜より夜明哉/正岡子規

鷺翔り青水無月の杜暮るる/大上充子

麦を播く父子に杜は日を支ふ/及川貞

初鶏の言挙げぞする三輪の杜/原柯城

十五夜の杜の木の実の無尽蔵/檜紀代

十五夜や杜の上野もここは池/上村占

十月の椿の杜の暗さかな/八木林之介

俳句例:81句目~

名月やあはれ一こゑの杜宇/正岡子規

囀りの杜の中より神父来る/椎橋清翠

妻よ子よ春日の杜の冬日和/瀧井孝作

小春日や杜の食堂皿鳴らし/羽部洞然

曼珠沙華祭の杜に畦つなぎ/茨木和生

木の実降る杜が残りて陰祭/荒井正隆

杉の杜の出口に白き桜かな/正岡子規

杜かへて鳴く梟や午まつり/藤原如水

杜に入る一歩に椎の花匂ふ/山口誓子

杜の灯にそぶ降る雨や時鳥/村上黍月

杜涼し幣に結びし麻一筋/伊藤いと子

杜深き八重垣の宮底冷えす/三枝正子

杜深くかくれ湖あり菱の花/渡辺満峰

杜覆ふ青葉の諧調宜しけれ/高澤良一

治頭社の杜にきてなけ子規/正岡子規

海賊の崇めし杜の紅葉かな/柚山/環

牛歸る田中の杜の月夜かな/正岡子規

町中に楡杜をなす夕立かな/田村了咲

異国語が杜に氾濫小鳥来る/吉原文音

白鷺もこえて上野の杜涼し/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました