通り雨を使用した俳句

通り雨に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

通り雨を含む俳句例

秋涼し耳塚原の通り雨/飯田蛇笏

隼人瓜畑の先を通り雨/高澤良一

花南瓜尻窄りの通り雨/高澤良一

昼顔の花に乾くや通り雨/正岡子規

昼顔の花に干くや通り雨/正岡子規

朝顔やしたたかぬれし通り雨/一茶

朝顔やしたゝかぬれし通り雨/一茶

松茸に神代の宵や通り雨/加藤郁乎

干草が匂うて夜の通り雨/夏目麦周

蜩や木々の匂の通り雨/有路みち代

卯の花や逢魔時の通り雨/内藤吐天

通り雨浜昼顔に過ぎし跡/藤松遊子

通り雨長らふ蝉に落蝉に/高澤良一

秋すゞし耳塚原の通り雨/飯田蛇笏

若竹や日はまだ八つの通り雨/几董

ここに来て炎暑一掃通り雨/高澤良一

桐の花通り雨たること希ふ/高澤良一

十二月八日月夜の通り雨/菊地千枝子

嬰児には見えず涅槃の通り雨/徳弘純

草市や宵一ときの通り雨/高橋淡路女

俳句例:21句目~

柿若葉灯ともし頃の通り雨/田中冬二

秋茄子に海より来る通り雨/棚山波朗

蝉の尿ならぬお山の通り雨/高澤良一

通り雨あなどり濡れて桑を摘む/桃孫

能登青し煙草の花に通り雨/細川加賀

祇園会や錦を濡らす通り雨/田中王城

たち割りし南瓜の先や通り雨/井上井月

花野みなゆれ初めたる通り雨/高木晴子

ふるさとの床屋の棚の通り雨/大西泰世

太藺咲く隙間だらけの通り雨/苅谷敬一

蘆の芽や沙に疣ほる通り雨/金尾梅の門

桑の実の熟るゝ匂ひや通り雨/黒川龍吾

棕櫚の花沖より来たる通り雨/皆川盤水

秋口のすはやとおもふ通り雨/飯田蛇笏

秋蚕飼ふ村の夜更けの通り雨/田中冬二

通り雨ありたる現の証拠かな/右城暮石

青芦や淡海を過ぐる通り雨/大久保白村

ちらと笑む赤子の昼寝通り雨/秋元不死男

通り雨踊り通して晴れにけり/松本たかし

パイナップル一つもぐ間の通り雨/谷亜紀

俳句例:41句目~

山盛りのべつたら市に通り雨/田原口秋峰

葛咲くやペンシヨン村に通り雨/河村昌子

鱚釣にすぐ止む暁けの通り雨/岩田としを

とほり雨みみづく恋になく夜なり/中勘助

通り雨をどり通してはれにけり/松本たかし

通り雨子も曼珠沙華も走りをり/米沢吾亦紅

通り雨来てもひるまぬあめんぼう/高澤良一

刈り伏せて紫蘇の匂へる通り雨/奥田とみ子

通り雨すぎてなやめる皮のごと輝りてひそむる志度のわたつみ/玉井清弘

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました