地下足袋を使用した俳句

地下足袋に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

地下足袋を含む俳句例

こはぜ掛け緊る地下足袋鍬始/林昌華

豊年の地下足袋叩く夕重み/久米正雄

退職の夫に地下足袋新調す/飯田晴久

地下足袋に巻く荒縄や御柱/前川みどり

地下足袋の紺来て朝顔市開く/島崎省三

地下足袋の足裏仰がれ松手入/奈良文夫

地下足袋の鞐ほつるる敷松葉/橋本榮治

地下足袋の仕事賜はる鳥総松/小原紫光

地下足袋の先に挟まる草紅葉/太田土男

旧年の地下足袋の土叩き穿く/大熊輝一

畦を焼く地下足袋に水かけ通し/北村保

船頭の地下足袋さやに舟下り/高澤良一

踏んばれる百の地下足袋秋祭/松本洋子

駒鳥や地下足袋に繩結び足し/石川桂郎

巨き冬陽地下足袋の泥重くなる/岩田昌寿

地下足袋に土筆の花粉水跳べば/大熊輝一

地下足袋の逆さに干され蚊喰鳥/伊藤愛子

地下足袋に草の霜つけ何に急く/大熊輝一

地下足袋の裏のぬくめり厚落葉/大熊輝一

墓守の地下足袋干され秋ざくら/鈴木岑夫

俳句例:21句目~

地下足袋の底が藻刈の舟支ふ/萩谷ただし

地下足袋の紺の匂ひて麦を刈る/門岩明子

春眠のゴリラの地下足袋めく蹠/高澤良一

泡盛や地下足袋の足ばかり見え/宮坂静生

考古学教授地下足袋夏帽子/野見山ひふみ

逆さまに地下足袋干して庭薄暑/藤原香雲

鍬始め地下足袋の跡ふんわりと/香西照雄

地下足袋のほころびてをり年の暮/小浦遊月

男爵を地下足袋に踏み薯植うる/松倉ゆずる

地下足袋のまま味噌買ひに秋の暮/大熊輝一

地下足袋の一座を占むる花見酒/田中/俊尾

地下足袋の紺の匂へる七日かな/北見さとる

地下足袋の跡の踏ん込み菖蒲の芽/行方克己

地下足袋の馬臭がのぼる踏込み炉/石橋林石

鰯雲や継ぎし地下足袋の中に鳴く/宮坂静生

夏立つや地下足袋もわが身の一つ/大熊輝一

地下足袋に指先つめて冬菜洗ふ/沖田佐久子

地下足袋のかかとも減りぬ年の暮/大熊輝一

殿中を菊師地下足袋ばきのまゝ/佐々木トミ

地下足袋を脱ぐ涼しさや牧の小屋/青柳志解樹

俳句例:41句目~

地下足袋のまあたらしさや毛見の老/松本可南

軍靴地下足袋ホームへたたく冬の泥/古沢太穂

地下足袋をきようの形に脱ぎすてる/林田紀音夫

地下足袋凍る徹夜の君ら会えば笑む/鈴木六林男

月の湯壺ひざまづき脱ぐ杣の地下足袋/中島斌男

みどりきれいな地下足袋の顔アヴェマリア/栗林千津

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました