金星を使用した俳句

金星に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

金星を含む俳句例

山垣の上の金星風の盆/上村占

金星や片面甘き合歓の花/齋藤玄

金星や羊の肉のごつと凍て/日原傳

春来つゝ大き金星胸の前/岸風三樓

蜜柑山金星の風かすれたり/萩原麦草

踊の手金星を指し夫を指し/香西照雄

今宵金星発銀河鉄道の夜へ/伊藤元吉

金星と月を左右に柚子湯かな/橋本薫

金星にいつまでお花畑夕映/岡田日郎

金星に一人対へば家並更け/高澤良一

金星に余寒の力こもりをり/澤田緑生

金星に触りし髪を洗うなり/五島高資

金星のひたと蹤きくる初詣/川鍋絹子

切干も金星もまだ新しく/大峯あきら

金星は日の嗣子夕焼雲が褥/香西照雄

洋傘もて金星を指し杖となす/三谷昭

金星や朝顔に耳寄せて見る/五島高資

田の上の春の金星応と見て/宮坂静生

金星や雪の山稜見ゆるのみ/杉山岳陽

青芒金星吹かれいでにけり/細川加賀

俳句例:21句目~

葉桜の中に金星あらはれて/岩田由美

ひんがしに金星抱いて二日月/武原はん

他の星に金星ひびく梅昏れて/下村槐太

剱ケ峰の下に金星凍てつきぬ/渡邊水巴

夕焼を見とどけ金星に歩む/中村ひでよ

巣燕に金星見えぬとも限らぬ/三橋鷹女

沖よりの金星鱈の干しあがり/岡澤康司

金星に照らされながら雪道を/京極杞陽

金星を懸くるすなはち冬の暮/山口誓子

金星既にただの夏星先駆者よ/香西照雄

金星の空や冬芽のかくれなし/内藤吐天

元日や金星の野づら火を焚かず/渡邊水巴

大いなる金星いでし樹氷かな/加藤三七子

狂うなら夏金星のごと発光し/岸本マチ子

病む母に金星の航しづかなれ/仁藤さくら

金星の見えざるまでに霜くすべ/茨木和生

金星のひかりひとすぢ施餓鬼僧/村沢夏風

金星や刈田を帰路として教師/堀井春一郎

金星と帰心は冬もうるほひて/中村草田男

金星すでにただの夏星先駆者よ/香西照雄

俳句例:41句目~

金星や蚕蛾のひびきやみしとき/柚木紀子

金星や賜ひし炭を火にしつゝ/中村草田男

金星の直下に来たりスキー行/佐野青陽人

雪だるまほそり金星いつも沖に/瓜生和子

金星見放しこの道曲らねばならぬ/川口重美

すでに濃き金星穂絮いつまで飛ぶ/鷲谷七菜子

金星ロケットこの日燦燦とパンむしられ/金子兜太

黒猫の花噛む眠りかぎろへるは薔薇と金星/筑紫磐井

眼をとじて耳をふさいで金星がどれだかわかったら舌で指せ/穂村弘

タイトルとURLをコピーしました