衣擦れを使用した俳句

衣擦れに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

衣擦れを含む俳句例

声明の僧の衣擦れ施餓鬼寺/船橋とし

神々の衣ずれ天に霧氷ちる/太田昌子

ひと蹴りに衣ずれ一つ初蹴鞠/鈴木鷹夫

在りし日の妻の衣ずれ萩の風/吉田三船

花下にして鬱金桜の衣ずれを/西村和子

衣擦れといふかそけさの春の闇/源鬼彦

衣擦れのあと寂として春の雪/中村苑子

衣擦れの淋しさとあり盆の家/杉本雷造

衣擦れの淑気やまして辻が花/鈴木鷹夫

衣擦れやルイ王朝の壁炉の間/品川鈴子

そら泣きの木偶の衣擦れ雁来紅/上窪則子

衣ずれをたのしむ歩巾初茶会/小板橋初子

衣擦れの行き交ふ都踊かな/佐土井智津子

衣擦れといふあえかなる秋の声/山崎冨美子

プラタナスは母の衣ずれ秋立ちぬ/北原志満子

軽く病み衣ずれ添へり温室の花/鍵和田ゆう子

いずれ土中の耳/崩れつつ葉ずれ衣ずれ/折笠美秋

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました