山襞を使用した俳句

山襞に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

山襞を含む俳句例

色鳥の諸音熱くす山の襞/原裕

啓蟄の山襞淡き忌なりけり/原裕

夏深し山襞緑濃き夜明/福田蓼汀

新年の山襞に哀れ烟立ち/室生犀星

新年の山襞に立つ烟かな/室生犀星

春埃山襞までも隠したり/中嶌水声

山襞に入る往還や手鞠唄/綾部仁喜

奥塩原山襞にまだ雪残る/浦野慶子

寒禽のこゑ山襞に深まりぬ/大谷茂

山襞の小さき祠も一の午/東野悠象

山襞にあり巡礼の鈴恐し/金子皆子

月山の山ひだ深き春彼岸/有馬朗人

雪残る山襞深し風不死岳/野村幸子

冬神の鞭かと思ふ山の襞/河野南畦

荒々し霞の中の山の襞/芥川龍之介

橇に葱夕日が深む山の襞/宇佐美目

山襞のあらたに生まれ桜満つ/原裕

雪山の襞ぎつしりと青年期/木村敏男

白露に火の山の襞荒びつゝ/杉山岳陽

唐辛子干し山襞を深くする/浮洲久子

俳句例:21句目~

山襞の深みて釣瓶落しかな/水原春郎

山襞の奥まで紅葉いろは坂/小林すま

山襞の折目の二百十日かな/木内彰志

山襞の折目正しく秋の湖/金箱戈止夫

木枯や鋭く切れて山の襞/浅見まき子

鳥帰る山襞ゆるび始めけり/大内清香

山襞の梅蒼きまで翳りけり/田島朱一

山襞の残雪を見て飛騨の面/萩原麦草

山襞の深くなりたる落し水/井浪千明

山襞を出でくる涅槃詣かな/矢島渚男

山襞に見しぬくもりや良寛忌/菅沼勝男

山襞のどの闇からの仏法僧/竹中碧水史

山襞のひかり残せり冬の蝿/川田由美子

山襞の裾濃に映えて遠ざくら/松島利夫

いくたびも山襞めぐり初市へ/巌寺堅隆

残雪の山ひだ考へのごと深し/細見綾子

芦野路や山襞馳せる梅雨の霧/屋代孤月

山襞や脳の襞よりなほ冥く/多田智満子

日脚のびる山襞ぐいと厩戸へ/木村蕪城

書樓出て日寒し山の襞を見る/飯田蛇笏

俳句例:41句目~

山襞にたつ夕靄やすだれ捲く/西山泊雲

夕明りの山襞のどこ神楽笛/加倉井秋を

木の国の山襞ふかき花吹雪/藤井冨美子

山襞に魔法のランプ霧を噴く/佐藤たみ子

湯の山の襞に落ち込む鹿の声/瀬川ふく子

天つばめ昏れ色ひそむ山の襞/稲垣きくの

書楼出て日さむし山の襞を見る/飯田蛇笏

秋深しすぐ目のまへの山の襞/久保田万太郎

山の襞がふかい月光の黒い黙想/荻原井泉水

山襞に貼りつく四五戸ほとゝぎす/工藤吾亦紅

ふるさとの山襞深くほととぎす/桑原たかよし

山ひだ日かげりの移るばかり湖も峰も静に/喜谷六花

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました