銀行を使用した俳句

銀行に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

銀行を含む俳句例

啓蟄や銀行前の沢庵売/沢木欣一

銀行の鎧戸借りて飾売/石川/矢

銀行も郵便局も雪卸す/佐藤五秀

古町の小さき銀行暮早し/轡田進

銀行に落葉掃きたる竹箒/品川鈴子

銀行の前に犬居り納税期/加藤石雲

銀行の角曲りけり寒詣り/阿片瓢郎

銀行の秩序を雀ら遠巻く/和田悟朗

銀行の今日感謝デー花氷/元島八重

銀行の鈍光浴びる粘る赤子/徳弘純

銀行の鉄扉の前に草の市/近藤弘子

銀行の裏に鶏出て白穂の田/飴山實

銀行も雁木の一戸町雪解/皆吉爽雨

銀行に泥を運んでいる燕/小林雪枝

白濁の銀行の性閉店後/鈴木六林男

相距つもの銀行と法師蝉/飯田龍太

短日の郵便局へ銀行へ/嶋田摩耶子

銀行の軒に巣燕子を増やす/平野照子

偽善者の如銀行の聖樹かな/西村和子

慇懃に金貸す銀行出て寒し/相馬遷子

俳句例:21句目~

大輪の菊銀行は根っこなし/森田智子

奇異な雨の大暗黒を銀行占む/堀葦男

銀行に強き妻なり日傘さし/高澤良一

銀行の窓の葭戸や日の盛り/増田龍雨

銀行に口座開きて入学す/堀之内和子

銀行の前草市の荷を開く/池内けい吾

銀行へ怪しき身なり花粉症/高崎和音

銀行も茶舗も本屋も盆休み/辻田克巳

時雨きてどんぐり銀行閉店す/岡汀子

硬質の音量あふれ春の銀行/伊丹公子

銀行内部猛禽類的高貴さ満つ/上月章

麗かや銀行三時には閉めて/鈴木栄子

銀行をよごして砂糖黍しがむ/山口誓子

銀行がここにありしか柳の芽/永井龍男

銀行も民家の構へひなまつり/宮坂静生

銀行のたつた二枚の障子貼る/横溝養三

銀行の前無数に除夜の店宥す/河野南畦

山中に銀行ありし櫻かな/久保田万太郎

鼠棲む百合が社章の銀行に/田川飛旅子

銀行一つ国境に雨冷ゆるかな/吉野義子

俳句例:41句目~

回転扉銀行貨幣を量りこぼす/片山桃史

銀行街しぐれて艶歌通りけり/長谷川双

第一銀行夜は手相見の春灯し/三好達治

冷房に背を剥がされて銀行出る/河合凱夫

裏庭蒼い銀行の夕暮を持ち帰る/金子兜太

銀行のくろがねの扉に虫売れり/宮武寒々

師走はや銀行よりの干支届く/井上美智子

にわとりの黄の澱み銀行休行日/山本奈良夫

銀行に入る蝶の見本を見るために/長岡幸子

年寒し銀行ばかりやたら建ち/久保田万太郎

漁夫の膚銀行を出るひっそりする/八木原祐計

銀行の青い空気を吸うて/みんなロボット/津田露色

雪がほんぶりになると三時の銀行の黒いシャッター/伊藤雪男

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました