水明りを使用した俳句

水明りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

水明りを含む俳句例

水明り焔明りの麻畠/広瀬直人

東風吹や入日の迹の水明り/一茶

湖の水明りして野菊かな/橋本對楠

河骨の棒ばかり立つ水明り/飴山實

且散つて祇園紅葉の水明り/星野椿

夕蝉の水明り舟岸に着く/石井露月

睡蓮やテラスにきざむ水明り/原柯城

逆雪嶺うすももいろに水あかり/原裕

牡丹の花のうしろの水明り/辻本斐山

浦安へ遠く藺草の水あかり/高木喬一

水明りうす翅張りし鵙の贄/三宅郷子

一禽を置きゐて寒き水明り/白井爽風

五六人水明りして藺苗植う/高野素十

水明りして睡蓮の百花かな/森山素石

春立つや枝の先まで水明り/加藤岳雄

御降や父祖の井深き水明り/富永小谷

水あかり二本三本初ざくら/金子篤子

秋風の一抹過ぎし水明り/鷲谷七菜子

空壜もとわたる雁も水明り/鳴戸奈菜

草も樹も水明りして夏来る日/中村燦

俳句例:21句目~

菜の花や橋桁舐めて水明り/鈴木花蓑

谺たつる鈴鴨の音や水明り/高田蝶衣

赤ん坊の百人笑う水あかり/坪内稔典

枇杷の花ちる光陰の水明り/ほんだゆき

水あかり射せる千体冬のかほ/加藤耕子

水あかり蝸牛巌を落ちにけり/飯田蛇笏

白梅のどこか幽くて水明り/鷲谷七菜子

水明りひとりになれば鹿の声/久保純夫

水明り指呼に応へし蘆の角/河野多希女

法師蝉鳴き終りたる水明り/深見けん二

泥足やほたるぶくろの水明り/林比佐生

白朮火の水明りにはほど遠き/斉藤夏風

十月の樹相ととのふ水明り/柴田白葉女

寒暮いま干潟の果の水あかり/中村祐子

御降りや父祖の井深き水明り/富永小谷

春の夜の月さまざまな水明り/横光利一

藁塚の崩えゆくさまを水明り/長谷川双

杜若暮るるに間ある水明り/岡田六華子

板橋や春もふけゆく水あかり/芝不器男

ちちははが鰯になった水あかり/坪内稔典

俳句例:41句目~

寒がりの行くさきざきの水明り/長谷川双

立ち歩くヒト科の我や水明り/水野真由美

まひ~やかはたれどきの水明り/村上鬼城

夏の風邪田水明りに臥しにけり/木村蕪城

涅槃図にしのびよりしは水明り/野中秋光

ひぐらしや城ある町の水あかり/那須淳男

父の忌の露草にさす水あかり/上田日差子

うっすらと水明り流燈そこを過ぐ/高澤良一

やぶでまりなどと河鹿の水あかり/木津柳芽

とんぼ生る青にはじまる水明り/櫛原希伊子

菜の花の暮れてなほある水明り/長谷川素逝

モデイリアーニの女五月の水あかり/藤岡筑邨

虫焼いて仰ぐ樹や梅雨の水明り/安斎櫻カイ子

タイトルとURLをコピーしました