弁天を使用した俳句

弁天に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

弁天を含む俳句例

弁天の楼門赤き桜哉/正岡子規

銭洗弁天寒の卵かな/細川加賀

弁天の石橋低し蓮の花/正岡子規

弁天の祠の岬磯開く/鈴木灰山子

弁天に口紅供へ御開帳/山崎祐子

波音や弁天様の孑孑に/岸本尚毅

いやはやの島の階初弁天/高澤良一

弁天をとりまく柳桜かな/正岡子規

弁天の竹生に近き竹瓮舟/大石悦子

弁天の触れし手に摘む初蕨/平/清

初弁天女神の鈴は水の中/野竹雨城

鏡餅弁天池の石となれ/阿波野青畝

初弁天窈窕と蓮枯れにけり/安住敦

銭洗ふ群衆初巳の弁天に/石塚友二

色変へぬ松に囲まれ弁天沼/檜紀代

嶋の雪弁天堂の破風赤し/正岡子規

弁天に烏甘ゆる春の水/八木三日女

弁天のうしろ姿は柳かな/正岡子規

弁天の参詣絶えぬ桜かな/正岡子規

桟橋の先に鯔跳ぶ弁天屋/高澤良一

俳句例:21句目~

江ノ島の裸弁天東風吹けり/高澤良一

海鳴りの洞にこもれり初弁天/森重夫

短日のひとり弁天詣かな/鈴木しげを

黴の香の弁天窟に百の燭/宮内とし子

弁天の膝に大きな盆だんご/長江克江

初弁天むらさき霞む竹生島/和田祥子

金売弁天さまの水もらふ/結城美津女

弁天へ秋風波をたてまつる/川崎展宏

弁天や江戸へ流るゝ春の水/正岡子規

弁天堂に湧く歓声や一の富/上原真澄

弁天様に下船の一歩雲の峯/毛塚静枝

柳の芽弁天さまを素描せり/渡辺恭子

桃色は弁天様のはちすかな/正岡子規

いさき船横づけにして弁天屋/高澤良一

万緑や鈴の緒いたむ弁天堂/中村冨美子

弁天の朱唇にほへる初巳かな/大島直子

弁天に少女の乳房さくら散る/檜山哲彦

抱く琵琶に燈明ゆらぐ初弁天/森田旅舟

登るほど海がきらめく初弁天/中村明子

美髭の男夢で終りし初弁天/小枝秀穂女

俳句例:41句目~

冬の虹藪の弁天瞳にしづく/加藤知世子

銭洗ふ笊かかへゆく初弁天/織田みさゑ

初弁天駒形泥鰌に歩を変へぬ/緒方梧葉

初弁天洗ひし銭をまた包む/松原地蔵尊

銭洗弁天春は巳の日の験あらな/高澤良一

初弁天朝から雪がちらつくや/田中午次郎

弁天の笑ふ眼のふちきりぎりす/磯貝碧蹄館

弁天の琵琶の卯波に打ち消され/木村紀美子

湯を浴びて湯かけ弁天かげろひぬ/大越正子

枇杷一顆載りて弁天みちしるべ/中戸川朝人

南風に奏づは弁天様にまします歟/高澤良一

めをとまんぢゆう湯気をはげしく初弁天/山口青邨

弁天を抜けたあたりでみずてんのふらここ/加藤郁乎

三光鳥鳴き弁天の厨子ひらく/深海利代子「雉俳句集」

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました