湯上りを使用した俳句

湯上りに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

湯上りを含む俳句例

湯上りの心は白紙夕端居/上野泰

湯上りに耳湿りゐて時鳥/中島双風

湯上りの項匂ふよ地蔵盆/三村純也

湯上りの軽き立膝業平忌/藤田郁子

湯上りの身を載せ雪の夜の秤/桂信子

湯上りの二本の酒や春の雨/京極杞陽

湯上りの赤子の上を大やんま/大串章

湯上りの胸の黒子や夏めきぬ/森澄雄

湯上りの牛乳昼の雪見つゝ/高澤良一

湯上りに夕立を見る裸かな/正岡子規

湯上りの渋茶すゝれば初嵐/寺田寅彦

湯上りの肌の匂へり夕ざくら/桂信子

湯上りや涼風吹て眠うなる/正岡子規

湯上りの七草爪をとりて昼/下田実花

冬の雁湯上り童女まるはだか/伊藤通明

湯上りの肌へたちまち藪蚊くる/大越晶

湯上りの顔の平らやちちろ虫/佐々木咲

湯上りの香とすれ違ふ蛍の夜/渋川優子

湯上りや乳房吹かるゝ端涼み/正岡子規

湯上りをなほ灯点さず青簾/増田八千代

俳句例:21句目~

蛙に和す湯上りの子が腹叩き/大熊輝一

湯上りのすぐに蚕飼の女かな/草野駝王

湯上りの女が寄りて熟柿剥く/永井龍男

湯上りの嬰を真ン中に冬座敷/本宮哲郎

湯上りの着替への硬さ花薄荷/児玉輝代

湯上りの尻にべつたり菖蒲哉/小林一茶

湯上りの庭下駄軽し夏の月/芥川龍之介

青梅雨の湯あがりをまだ灯さず/岡本眸

桐の花湯上りの子は栗のように/古沢太穂

湯上りといふ素手素足地虫生づ/手塚美佐

湯上りのうたゝ寐さめて夜寒哉/正岡子規

湯上りの子をうらがへし天瓜粉/中村秋晴

湯上りの汗疹の子ども裏返す/田畑美穂女

湯上りの匂ひのこども地蔵盆/中戸川朝人

湯上りの身に夕蝉を引き寄せて/高澤良一

湯上りのふぐり軽しや秋の風/今井杏太郎

湯上りの頬に晦日の闇ふかき/金尾梅の門

湯上りの浴衣を着つゝ夫に答ふ/星野立子

湯上りの水櫛つかふ母の日や/平井さち子

湯上りのつまさきに浴ぶ芝の露/高澤良一

俳句例:41句目~

湯上りの爪立ててむく蜜柑かな/西村和子

湯上りの指やはらかし足袋のなか/桂信子

雛の間を通る湯上りの身を包み/朝倉和江

湯上りやつい涼風に寝せらるゝ/正岡子規

柚の香して湯上りのはや縫へりけり/森澄雄

湯上りのかろき動悸や蜜柑むく/粟津松彩子

湯上りの子のまくれなゐクリスマス/赤松子

湯上りの肌にとまりし花の肌/きくちつねこ

湯上りの団扇はどこだここに無し/高澤良一

湯上りのシャボン匂はせ端居に来/中野浩村

湯上りの月それてすむ木槿かな/金尾梅の門

湯上りの熟柿や母とゐるごとし/金久美智子

背も豊かの湯上り浴衣や才女時代/保坂春苺

湯上りの乳房かくまふ柚の香かな/山上樹実雄

湯上りやいやがる孫にちゃんちゃんこ/堀口艶子

子よ湯上りのタオル着れば王様になる/伊藤みどり

タイトルとURLをコピーしました