駄菓子を使用した俳句

駄菓子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

駄菓子を含む俳句例

駄菓子屋の自由空間夏燕/土屋瞳子

鯉の餌売る駄菓子屋も冬隣/甲斐千鶴

橋のもと今も駄菓子屋花楝/澤村啓子

一坪の駄菓子の店や心太/川崎鶏頭子

店さきの駄菓子の中の鏡餅/奈良鹿郎

町角の駄菓子が赤し秋の風/鈴木鷹夫

駄菓子屋の額はせまし花石榴/仁平勝

角っこの三文駄菓子屋初商/高澤良一

駄菓子屋の裏に舟寄る鯊日和/塙三千男

黐棒の蠅のうなりや駄菓子店/会津八一

駄菓子買ふ小江戸の町や鐘朧/井上淑子

人もなし駄菓子の上の秋の蠅/正岡子規

駄菓子賣る茶店の門の柿青し/正岡子規

啓蟄や駄菓子の薄荷口の中/百合山羽公

夏草や駄菓子を欲しと兵若き/松村蒼石

鳥雲に隠岐の駄菓子のなつかしき/楸邨

黄落や父へ見舞の駄菓子買ふ/石田仁子

裏店のひねり駄菓子や傘雨の忌/森青陵

群つばめ飛騨の駄菓子の甘々棒/岸田稚

陶枕や琉球駄菓子ほろほろと/村沢夏風

俳句例:21句目~

駄菓子函秋の彼岸を積み重ね/久米三汀

駄菓子屋の奥の毛衣動きけり/今/去就

駄菓子屋の店番をして扇風機/宮下邦夫

百日紅咲くや小村の駄菓子店/正岡子規

駄菓子屋の昔なつかし扇風機/中山一穂

とりどりの仙台駄菓子一葉忌/香取池代子

ねりあめでつながる駄菓子秋のくれ/静塔

音羽屋の飛騨の駄菓子や秋日和/椎橋清翠

南風や漁師だまりの駄菓子店/五十嵐播水

大西日いま駄菓子屋に容赦なく/和田照女

駄菓子屋の飴片寄せて凧を売る/倉田静子

岡の茶屋に駄菓子くふ日や昼霞/正岡子規

手に受けて駄菓子の湿り地蔵盆/若井菊生

施餓鬼寺駄菓子袋に子が走る/松原三枝子

駄菓子屋へ横に手をかけ嵐の蟇/永田耕衣

桃いろ多き明治の駄菓子秋風に/古沢太穂

爽やかや飛騨高山の駄菓子売り/仙田洋子

盆東風や駄菓子の芯の煎り大豆/中根美保

駄菓子にも真田の紋や小鳥来る/後藤雅夫

秤置き駄菓子を売れる支那夜店/京極杞陽

俳句例:41句目~

駄菓子賣る村の小店の木槿かな/正岡子規

菖蒲葺く駄菓子屋のある坊小路/西本一都

草紅葉駄菓子を食うて憩ひけり/野村泊月

豊年や南部駄菓子のねぢりん棒/渡辺鶴来

駄菓子屋も端座して見る里神楽/佐川広治

霜の夜や風呂敷かぶす駄菓子箱/富田木歩

駄菓子屋の奥見えてゐる扇風機/齊藤夏風

駄菓子屋の婆呑みにくる秋の蛇/星永文夫

奈良町の駄菓子屋に吊る絵凧かな/飯隈球子

秋灯し江戸の駄菓子を選り迷ふ/橋爪ひさ子

穀象や駄菓子屋いまも郷ことば/城/恵己子

西陣の路地の駄菓子屋しぐれけり/奥田/積

駄菓子みな小春の匂ひ持つてゐる/三島静子

駄菓子みな覚えあるもの町のどか/渡辺征子

食みこぼす駄菓子の膝や震災忌/石田あき子

鳩笛や駄菓子屋にも春来てゐたり/坂本米子

駄菓子屋にも真田の紋や小鳥来る/後藤雅夫

駄菓子屋の木箱に萩の咲きそめし/三枝正子

良寛さまに赤き駄菓子や根雪来る/佐藤喜代子

荒川上る舟に秋刀と駄菓子積む/一ノ瀬タカ子

俳句例:61句目~

駄菓子屋に猫住んでゐる花袋の忌/針ヶ谷隆一

日覆たゝみて駄菓子の箱に載せにけり/野村泊月

西日みつ駄菓子屋が子のたまり場に/佐久間俊子

みちのくの駄菓子つまめば時雨れけり/古賀まり子

駄菓子ぎゆう詰め色なき風の吹き抜けて/佐怒賀直美

タイトルとURLをコピーしました