物干しを使用した俳句

物干しに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

物干しを含む俳句例

物干を楓の橋やけふの月/秋色

恋猫や物干竿の丸木橋/正岡子規

物干に大阪人の月見哉/正岡子規

霜強し物干竿の一文字/野村喜舟

時鳥鳴くや物干竿高し/正岡子規

賎が家の物干低し花葵/正岡子規

物干の洗濯やめん妻問ふ猫/西調

初霜や物干竿の節の上/永井荷風

物干や屋賃の外に江戸涼み/調水

藪椿物干し竿の片日影/正岡子規

舟に橋に物干に皆月見哉/正岡子規

秋の空物干竿の高さかな/正岡子規

鳶の居る物干竿の日永哉/正岡子規

物干しの猿股遠し雲の峰/内田百間

物干にのび立つ梨の片枝かな/惟然

物干に女出て来て都鳥/松本たかし

物干に白き風あり法師蝉/乙津喜美

物干の影に測りし冬至哉/正岡子規

幟竿物干竿はふんどしが/正岡子規

昼顔の物干竿を上りけり/正岡子規

俳句例:21句目~

昼顔や物干台に這ひ上る/寺田寅彦

物干の草履飛行く野分かな/泉鏡花

物干の雪払はずよ福寿草/中島月笠

物干や夜着かかへ出て花の雲/岱水

つくづくと空よ野分の物干場/原田喬

物干や薄べり敷て花火見る/正岡子規

一本は物干しにせよ桃の花/正岡子規

五月闇物干台にはじまれる/京極杞陽

喪の家の使はぬ物干竿灼けて/岡本眸

物干してそのへん歩く夏の果/岡本眸

物干にかげろふ秋の夕日哉/正岡子規

窓といふ窓に物干し黄落期/西村和子

物干に居る家遠き初日かな/会津八一

雁ゆきて物干竿の露の列/榎本冬一郎

物干に人あらはれし夕ざくら/西本一都

北風や子の物干して賑はしく/野村喜舟

物干がいくつも見えて春の海/永井龍男

物干さぬ竿の長さが蝶の昼/蓬田紀枝子

物干しにばらつく雨や蚊喰鳥/吉田冬葉

物干の襁褓のかずや東風の窓/滝井孝作

俳句例:41句目~

物干に子の甚平のゆれてゐし/松藤三鶴

物干のうしろにわくや雲の峯/正岡子規

物干に富士やをがまむ北斎忌/永井荷風

物干しのきのふの位置に赤蜻蛉/金井緑

秋日和物干屋根にのっかりて/下村槐太

秋草のすり切れてゐる物干場/石田勝彦

マンションの物干竿の梅雨布団/高澤良一

朴の葉はあらかた落ちし物干竿/川崎展宏

枯れ尽くす物干竿が地に着けり/松山足羽

蚤に起きて嬉しや月物干にあり/尾崎紅葉

物干しに美しき知事垂れてをり/攝津幸彦

菜の花継げば彼岸にとどく物干竿/折笠美秋

物干しに積む雪ちよんと病ひよく/竹田小時

真白に物干して豊かなるに似たり/千代田葛彦

着ぶくれの首を伸ばして物干せり/亀卦川永子

物干せば短き日なり竹の竿/さゝら波/巖谷小波

秋茄子が大きくなる物干し竿一本買う世帯/中塚たづ子

『さおだけや竿竹ェ』腐つた物干台を見廻す声/橋本夢道

をさな子われ中年われ老年われも来て物干しに仰ぐ獅子座流星群/米川千嘉子

タイトルとURLをコピーしました