地下鉄を使用した俳句

地下鉄に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

地下鉄を含む俳句例

地下鉄は街の腸秋暑し/長谷川櫂

地下鉄の青きシートや単物/汀女

勇忌や地下鉄通る京の街/東條艸竹

地下鉄は詩作工房年惜しむ/皆吉司

地下鉄の穴出で三社祭かな/稲石實

秋の蚊の声や地下鉄馬喰町/大串章

地下鉄の出口Aより緑さす/烏丸道子

地下鉄の地上に出でて姫女苑/小川金

地下鉄も初日浴びゆく小石川/福島胖

地下鉄の押し来る空気花疲/小川軽舟

地下鉄は青き火花を夜の秋/長谷川櫂

義士の日の顳に地下鉄の風/伊藤白潮

神農の首振る虎と地下鉄に/藤村克明

朧月新設地下鉄にて帰る/板倉セツ子

地下鉄に水流れ入る日蓮忌/横光利一

寒風の外へ地下鉄躍り出る/宮原嶺司

地下鉄も苦手の一つ震災忌/福井一歩

地下鉄の入り口四角冬の風/今瀬剛一

三つ目で地下鉄を降り酉の市/高澤良一

牡蠣船に坐し地下鉄の工事音/右城暮石

俳句例:21句目~

猫の恋地下鉄郡部まで延びて/前山松花

六阿弥陀詣での婆が地下鉄に/小野/博

短夜を蛹にもどり地下鉄に/小檜山繁子

地下鉄が地上を走り秋の暮/鈴木六林男

竜天に昇る地下鉄の通気孔/鈴木きぬ絵

震災忌地下鉄出口闇に向き/山下知津子

地下鉄にべつたら市の帰り客/山田閏子

地下鉄の最後尾にて年惜しむ/木村敏男

地下鉄の風吹き上がり社会鍋/奈良文夫

地下鉄は楽器みどりの席長く/和田悟朗

地下鉄を上がれば神田祭かな/前野雅生

地下鉄を出て賑はへり義士祭/大牧/梢

地下鉄を出でて銀座の涼新た/鯨井愛子

地下鉄を出るより三社祭かな/倉田春名

地下鉄を出れば銀座の春の雪/吉屋信子

河の下走る地下鉄木の芽寒/和田耕三郎

地下鉄が梧桐の地に潜りたり/久保田慶子

地下鉄の地上の寒に出てゐたり/平井照敏

地下鉄をねずみの走る暑さかな/奥野初枝

地下鉄の音きれぎれにくる月光/対馬康子

俳句例:41句目~

地下鉄を乗り継ぎて来て初大黒/西原明子

地下鉄を兵と出づれば片かげり/高橋馬相

地下鉄の秋暑の果鋪に姪と逢ふ/宮武寒々

他人と並び揺れ地下鉄も川わたる/伊丹公子

啓蟄や軍歌出でくる地下鉄口/鍵和田ゆう子

地下鉄のキップは蝶のようなもの/対馬康子

春の日に立ち地下鉄へ下りてゆく/京極杞陽

地下鉄に冬のはじめのねずみの眼/桜井博道

地下鉄にわれも生きもの咳をして/寺田京子

地下鉄を出て日のかつと蟻の粒/蓬田紀枝子

地下鉄にかすかな峠ありて夏至/正木ゆう子

人逝くはしぐれのしわざ地下鉄へ/吉田透思朗

時間を切符で売る埋没した地下鉄/東川紀志男

地下鉄にヴィオロンを聴く巴里祭/岡田百千鳥

地下鉄で「さよなら」せしまま露の世ヘ/中村明子

地下鉄の混み合ふ中や海芋抱き/七田谷まりうす「北面」

地下鉄に瞑想りをればアマゾンの大逆流ふいにわが胸奔る/影山一男

タイトルとURLをコピーしました