コンクリートを使用した俳句

コンクリートに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

コンクリートを含む俳句例

初仕事コンクリートを叩き割り/辻田克巳

啓蟄の地底に流すコンクリート/佐伯昭市

春水となるコンクリートの岸浸けて/静塔

松飾るコンクリートに膝をつき/岩崎健一

コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭/右城暮石

コンクリートの亀裂泡立つ冬の海/右城暮石

残る虫コンクリートを滲み出る/高野ムツオ

草の実や工場の塀のコンクリート/滝井孝作

草田男逝くコンクリートに雀灼け/館岡沙緻

怖い生殖仮枠がコンクリート抱く/林田紀音夫

春田尽きコンクリートの坂一枚/鍵和田ゆう子

杉菜噴き出すコンクリートの不覚/稲垣暁星子

コンクリートに水打つて死を敬へり/中尾寿美子

コンクリート灼くるに坐り行き処なし/石田郷子

現し世は耐ゆることのみコンクリート/大川末広

防波堤のコンクリートに下駄なづまず/藤後左右

飢ふかしコンクリートの崖干潟へ垂る/古沢太穂

さくら咲くコンクリートを煉つてゐる/加倉井秋を

コンクリートにインク乾ける五月憂し/上野さち子

小学校の夜のコンクリート見ゆ酔いたり/金子兜太

俳句例:21句目~

晩春のコンクリートよりボールト立つ/加倉井秋を

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました