香炉を使用した俳句

香炉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

香炉を含む俳句例

橘や南圓堂の香爐盤/正岡子規

霞たく富士を香炉や西行忌/素丸

呼次や千鳥の香炉浦煙/井原西鶴

大仏の膝に香炉に寒雀/河野静雲

大香炉に青海波紋寒潮/中戸川朝人

鉄鉢を香爐としたり迎盆/綾部仁喜

秋風や鬼の支へし大香炉/福田蓼汀

虫吐きし夢と香炉に明易き/宮武寒々

茶の花に烟絶えたる香爐哉/正岡子規

元朝の火神香炉に爆音住み/牧野信子

惜春や堆朱の香炉艶ふかむ/伊藤敬子

十六夜の一客に焚く蔭香炉/佐野美智

手探りに香炉を擁す夜の雪/藤野古白

大香炉火を噴きにけり札納/山口青邨

立冬の弥陀の香炉の灰均す/大石悦子

風入や香炉の亀に琥珀の目/石黒幸子

香炉の火落とす室生の夕霧に/早崎明

寒明けや鬼の背負ひし大香炉/佐川広治

木犀の昼は醒めたる香炉かな/服部嵐雪

根本中堂香炉の煙も凍らんか/高澤良一

俳句例:21句目~

初虚空蔵祈りが渦となる香炉/大堀春野

火事めきて大香炉の初不動/長谷川督江

炎立つ四万六千日の大香炉/水原秋櫻子

猫脚の秋の香炉を焚きにけり/大石悦子

秋の雨香爐の烟つひに絶えぬ/正岡子規

秋の香や揺り香炉掌に老司祭/内藤吐天

茶香炉の焔つぎたす梅雨の寒/猪股洋子

袖を出る香炉も雪の千鳥かな/黒柳召波

花の風香炉に香を足しをれば/伊藤敬子

青岸渡寺紅葉ちり込む大香炉/近藤文子

夜の定時銀香炉拭く青葉木菟/宮武寒々

大燈蛾香炉に貌をおさめたり/下村槐太

中宮寺香炉に木の実焚き添へて/大島民郎

煙たえて香炉の冷える霜夜かな/飯田蛇笏

レコードかけ春の香炉にバッハ招く/林翔

数へ日の香炉に塵もなかりけり/澤村昭代

かの香炉購はむ片蔭かへしけり/西村和子

巣立鳥左千夫生家の吊り香炉/寺崎美江女

大香炉の煙にまみれ四万六千日/佐野寿々

香爐峯の敵はいかにぞ秋晴れぬ/佐藤春夫

俳句例:41句目~

秋遍路去りし香炉のひとり燃ゆ/三浦恒礼子

置香炉しずかに秋の遠ざかる/長谷川かな女

タイトルとURLをコピーしました