躯を使用した俳句

躯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

躯を含む俳句例

凍死の躯ちひさし籠の鳥/上村占

鶫旅立つ朧月夜の朧の躯/金子皆子

青嵐沐浴となす病躯なり/斎藤空華

本山の長き廊下に蛾の躯/関森勝夫

残躯寒し鋤焼亭の花八ツ手/橋本夢道

趺坐一躯花野半畳あれば足る/林昌華

百日の病躯包みし褞袍脱ぐ/景山筍吉

七月の病躯起すに縄のごと/下村槐太

五體投地の影さへや肥躯兜蟲/竹中宏

起重機の巨躯青空を圧しめぐる/篠原

勲章の重さ老躯の初明り/芥川龍之介

高陽炎老躯を支へ杖キラリ/香西照雄

躯こゝに命いづくの鯨かな/尾崎迷堂

つくづくと痩せたる病躯更衣/松本圭二

雪を来て恋の躯となりにけり/眞鍋呉夫

ねむたさの躯かしぐや通草棚/石川桂郎

雪しづり躯の母の帰り来し/安田千枝子

八月といふ巨躯の近々とあり/友岡子郷

厭世の柔かき躯をうらがへす/藤木清子

大寒にかまへて守る病躯かな/倉橋青村

俳句例:21句目~

米提げて躯に秋風を遊ばしむ/小林康治

小春日に犀の短躯を横たへぬ/高澤良一

湯浴みする病躯一片春あらし/伊東宏晃

春雪のゆたかに老躯との距り/品川鈴子

汝が家に躯はこべば無花果あり/岡井省二

老躯も痩躯をも蚊は選ばざる/相生垣瓜人

犬の躯が充ちし犬小屋落葉する/内藤吐天

百姓にまされる休躯野遊びす/榎本冬一郎

綿虫にふれんと宙に躯を泳がす/内藤吐天

菫濃し雲がねむくて躯を消せば/内藤吐天

躯いつぱい冬日にぬくみ牛細目/大熊輝一

青汐に虚無の水母ら躯を透けて/内藤吐天

高樹萌え短躯の逢引をちこちに/北野民夫

わが行くにどの寒木も躯を躱す/三橋鷹女

鬼遣りし声を老躯に収めけり/百合山羽公

一夜躯を河鹿徹りぬ瀬音すら/徳永山冬子

躯を高くして蟻がながめる砂糖壺/内藤吐天

とこしへの病躯なれども青き踏む/川端茅舎

党への票強まる病躯師走の投票へ/橋本夢道

老躯をも痩躯をも蚊は選ばざる/相生垣瓜人

俳句例:41句目~

菖蒲湯にしたしく老躯しづめあふ/石原舟月

ラグビーの花はタックル巨躯倒す/粟津松彩子

水母の躯ほのかにくもり芯見せず/久保田/博

ラグビーの巨躯いまもなほ息はずむ/山口誓子

春は来ぬあだのたのみの躯いたはり/林原耒井

孤独の勝利黒き秋衣に躯をつつめば/内藤吐天

ゴム毬のよう躯まるめて北風へ行く/山岡敬典

ゆるぎなくジヤケツ二十の躯をつつみ/丸山一実

頑躯汗すこやかあだをうたでやまじ/長谷川素逝

車窓吹雪長躯折りてねむりいとしむか/平井さち子

輪廻生死さもあれきみが病一躯霜ふれば霜にわがこころ灼く/山田あき

タイトルとURLをコピーしました