世紀を使用した俳句

世紀に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

世紀を含む俳句例

羽子板に残る遊侠世紀晴/的野雄

大岩が歩く砂漠の幾世紀/川村柳月

闇に穴あけ世紀最終汽笛/浅井愼平

白日傘世紀の橋を渡り来ぬ/星輝子

越年を古稀と世紀が合流す/黒田節

葱は無く鮭や切身に世紀寒/永田耕衣

諸共に世紀を越えん年忘/桑田美津子

豆飯や彗星世紀の彼方へと/川崎展宏

おでん酒百年もつかこの世紀/川崎展宏

世紀移るとさざれ石寒かりし/寺井谷子

年惜む卒寿の世紀惜むなり/浅井青陽子

木の実落ち次の世紀へ命継ぐ/脇本澄子

熟れ杏世紀燃えつつ終るべし/和田悟朗

新しき世紀をまたぐ除夜の鐘/村井杜子

戦争の世紀よさらば除夜の鐘/紙野康美

ながらへて世紀はじめの薺打つ/松井輝子

世紀果つ何時迄草のつと枯れて/矢島渚男

唄ふ唇が夜空に老いて老いゆく世紀/林桂

進化なき幾世紀経て木のぼる蛇/津田清子

ありぬべし世紀忘れといふことも/矢島渚男

俳句例:21句目~

世紀ひとつ木枯ひとつ過ぎにけり/島端謙吉

五世紀似の女しゃぽしゃぽ水使う/伊丹公子

暮れる世紀や英霊の墓なべて高し/飯田晴久

白夜の帆世紀をへだつ魚油もゆる/飯田蛇笏

羽子日和母をかこみて世紀こゆ/渡辺すみれ

天狼やアインシユタインの世紀果つ/有馬朗人

廻せ廻せ世紀またがるおけらの火/伊丹三樹彦

戦争の世紀でありし歯朶を刈る/七田谷まりうす

旧世紀のテラスゆらりとアラブ語過ぐ/伊丹公子

プールのそばに引きずられて世紀がある/筑網敦子

世紀終る夜セントラルパークのスケート/浅井愼平

海面にわたしの影は揺れている/一瞬間に世紀は過ぎた/小林健

<クローン牛>次々生れこの世紀緋のサルビアが地上を統ぶる/三井修

いまだ暗き世紀に生くる吐息とも祈りは長しグレゴリオ聖歌/近藤芳美

艶ふかき蜜柑を剥きて静かなるわがめぐりいま世紀が変わる/窪田司郎

タイトルとURLをコピーしました