朦朧を使用した俳句

朦朧に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

朦朧を含む俳句例

山の冬泉の鯉も朦朧と/森澄雄

夏草へ鶏朦朧としてきたり/中田剛

花たたなはり大観の朦朧体/高澤良一

むくろじの実を拾い母朦朧と/和知喜八

朦朧たる月下の花や死後世界/石塚友二

終戦日朦朧機雷えいになれ/百合山羽公

芽吹く山見てゐて画法朦朧体/高澤良一

酔眼朦朧あなたも雪になる途中/櫂未知子

熱帯夜を朦朧と来て絵金の町/たむらちせい

タイトルとURLをコピーしました