瘤を使用した俳句

瘤に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

瘤を含む俳句例

凧のあたりどころや瘤柳/丈草

寒風や空の高さに松の瘤/村田脩

年忘一木の瘤拳打ち/上田五千石

秋晴や寒風山の瘤一つ/高浜虚子

囀や神木の瘤触れもして/きよみ

寒声は槐の瘤にとどきけり/小澤實

桑の瘤四方へ瞠き冴返る/永方裕子

瘤桑へ四月乗鞍急に輝る/西村公鳳

瘤々の幹二股や糸ざくら/川崎展宏

武蔵野の椢の瘤や寒の雨/野村喜舟

裸木の瘤の如しや信濃人/草間時彦

色変へぬ松の大瘤浮御堂/鈴木瑠花

秋風や怒り瘤立て岬の松/河野南畦

梟や松の瘤には昼居ける/尾崎迷堂

権五郎神社の秋の椨の瘤/高澤良一

木々の瘤空にきらめく二月尽/原裕

瘤隆と立寄り易き大冬木/高澤良一

夏雲や大王椰子の幹の瘤/内田百間

夕凪や瘤太りだす駱駝像/加藤三陽

公園の冬木の瘤の日曜日/木下夕爾

俳句例:21句目~

瘤欅すんなり欅冬日浴ぶ/高澤良一

農民史瘤累々と冬の畦木/香西照雄

寒凪や亀甲厚き松の瘤/百合山羽公

新藁を焼く桃の木のくろき瘤/中拓夫

隆々と瘤あらはなり冬木立/小柳研秋

春浅し欅大きな瘤を抱き/稲垣きくの

朝市にミズの瘤買ふ旅の者/高澤良一

隆々と瘤の光れる枯木かな/市川月光

頼朝忌雨だれ絞る松の瘤/秋元不死男

木の瘤に巣箱明るく黄葉期/相沢静思

木の瘤に脂吹き出す袋蜘蛛/植田桂子

まだ見えて枯野の瘤となる男/鈴木明

木の瘤に西日がのこり沼の水/桂信子

木の瘤の三猿に似て秋の声/深谷栄子

わが心つよし冬木に瘤多く/岸風三楼

木の瘤を鴉とまがふ春の土堤/飴山實

松病んで片目のごとく瘤光る/三谷昭

柿の木の無双の瘤や寒日和/大石悦子

桑の瘤卯月の山を重ねたる/増成栗人

燕待つ三和土の瘤に茶碾臼/古舘曹人

俳句例:41句目~

桑も瘤着ぶくれて皆夜祭へ/荒井正隆

流木の瘤に水着の尻を据ゑ/品川鈴子

海音や駱駝の瘤に避寒の子/巌谷小波

瘤取りの翁がことも神集ひ/松原射石

瘤嫌ふ樟と瘤好く冬けやき/高澤良一

瘤山も浅間も霧に逆らへり/前田普羅

凡百の一つの土葬冬の木瘤/成田千空

目の上の瘤に蜂飛ぶ日和哉/正岡子規

刈攻めの桑瘤蟇の鳴く村ぞ/村越化石

刈草を積むも駱駝の瘤の谷/山本歩禅

秋風よ黄河文明の瘤ふたつ/片山桃史

初晴や力溜めたる松の瘤/つじ加代子

動かねば木の瘤となる寒雀/上田恵久

十六夜や樹上の鳥が瘤になり/峠素子

千年の瘤にひこばえ樟若葉/河野頼人

稲妻の走り火に見し幹の瘤/佐藤鬼房

厳父のごと瘤もつ桑の南山/桜井博道

脱帽といふ他はなき枯木瘤/高澤良一

薄き冬日枯木の瘤に集中す/菖蒲あや

夏痩の外に淋しや瘤のあと/正岡子規

俳句例:61句目~

夜祭の隆々として冬木瘤/青柳志解樹

天体や桜の瘤に咲くさくら/柿本多映

薔薇園の瘤白鳥に木蔭なし/大島民郎

虫瘤の意気壮んなり真炎天/高澤良一

走り根にも瘤もつ欅春近し/高澤良一

遠くなる蜩を聴く松の瘤/田川飛旅子

郭公や草山の瘤影を曳き/中戸川朝人

新年を迎へる椨の瘤だらけ/高澤良一

三鬼の寺瘤を増やして百日紅/右城暮石

歳月の獄忘れめや冬木の瘤/秋元不死男

松の瘤琥珀流れて蝉の声/菅原師竹句集

薄霜や大木の瘤の顔に似たる/内田百間

男滝瘤のごときをかけり落つ/平井照敏

しづけさは冬木の瘤に結集す/山田桂三

武甲山晴れて爺似の桑の瘤/内藤とし子

てつぺんに瘤ある地蔵岳粧ふ/山田春生

葉を落とし往時のままの瘤欅/高澤良一

松の瘤愛しき砧打ちにけり/加倉井秋を

花を見て幹の瘤みて父の国/大木あまり

三月や甘き樹脂ふく松の瘤/小松崎爽青

俳句例:81句目~

黄落の中の木瘤として在りぬ/村越化石

盆にくる瘤の和尚を敬へり/百合山羽公

二瘤駱駝ながなが尿る初仕事/渡辺恭子

伐り攻めて瘤柳なる青みけり/臼田亞浪

何處となく色づいて来ぬ瘤欅/高澤良一

瘤に艶ためて街樹が招く夏/佐野まもる

欅枯れ日にさらさるる幹の瘤/山元土十

冬ごもり未だにわれぬ松の瘤/芝不器男

百年の木の瘤を見て夏座敷/大木あまり

移りても一室晩夏木の瘤見え/友岡子郷

機関車の瘤灼け孤り野を走る/西東三鬼

秋山や影むらさきに瘤二つ/水原秋桜子

瘤多き木に立春の日影さす/百合山羽公

神輿瘤そばだてて来る裸かな/鈴木貞雄

寒禽の木瘤となりて風聴くや/平子公一

枯瘤を親しきものに加へけり/村越化石

瘤山にぶつかる霧の渦まきて/前田普羅

松虫草の群落にして熔岩の瘤/富安風生

挽き余す根の瘤撫でて秋の昼/三森鉄治

日当れる冬木の瘤に手が届き/行方克巳

タイトルとURLをコピーしました