安らぐを使用した俳句

安らぐに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

安らぐを含む俳句例

晩年の母の安らぎ軒忍/山田弘子

花終へし安らぎ深く糸桜/土屋秀穂

雛飾る診察室に安らぎぬ/土屋孝子

混沌の世を安らかに初読経/中山綾子

本流に入りて安らぐ冬の川/福川悠子

稲の香は大き安らぎ豊の秋/山下美典

室冷えびえ漆器の呼吸安らかに/林翔

葱の畝寄せその夜の安らけし/朝妻力

白菊に氷を抱いて胃安らか/久米正雄

泰山木巨らかに息安らかに/石田波郷

橡の雨母も安らぎ給ふらむ/結城昌治

夜光虫眠れる家は安らけく/福田蓼汀

薄ら日や風に安らぐ母子草/田川美枝

炎天の撫牛なでて安らなり/三宅句生

いつもする枕屏風の安らかに/遠藤梧逸

飴なめて旅安らかや甘茶咲く/太田鴻村

藤棚の下に安らぎ秋惜しむ/鈴木真砂女

釘ひとつ打ちて安らぎ二月終ゆ/福島民

鍬音のある安らぎに春の墓/菱田せつ子

雛離る安らぎもあり年惜しむ/大西和子

俳句例:21句目~

元日の枕安らかにはなれけり/島田青峰

冬の蜂浮きて安らう猫の椅子/上原勝子

囮かけて能登宝達は安らけし/前田普羅

夏掛や母のほとりに安らかに/長谷川櫂

安らかに生命を繋ぎ葛湯吹く/雨宮抱星

安らぎの日々郁李の花ほどに/高澤良一

安らぎは心にありぬ年明ける/高木晴子

安らけき時計の振子なづな粥/高橋繁喜

揺れていることが安らぎ秋桜/井上純郎

枯草となりて安らぐ裾野かな/山本柳翠

氷結の滝の安らかなりしかな/西田浩洋

海見ゆる安らぎに住み雛飾る/和田順子

荒草の今は枯れつつ安らかに/日野草城

菊白し安らかな死は長寿のみ/飯田龍太

落鮎の簗に安らぐこともなく/高濱年尾

人ひとり置かず安らかなる植田/飯島幹也

物音のなき安らぎや梅雨世界/古賀まり子

病むことの安らぎに似て寒の凧/野澤節子

忘られし安らぎに竹皮を脱ぐ/堀之内和子

安らけく穂絮の飛ぶは何気なし/玉城一香

俳句例:41句目~

安らかや自作の菊に埋れ逝く/神田しのぶ

死者は深雪に生者は檻に安らがむ/齋藤玄

母看る安らぎの間をレース編む/鈴木愛子

沖の眼をはこべに戻す安らぎに/古舘曹人

娘の演奏聴きし安らぎ夕ざくら/伊東宏晃

春蚊とび子恋は安らぎに似たり/細川加賀

日の落ちてゆく安らぎや麦の秋/伊東宏晃

目刺焼く不運かへつて安らかに/福田蓼汀

しんしんと雪降る木曾に安らげり/中村苑子

二指の間に鶸鳥死すや安らけし/島村元句集

無為といふ安らぎにあり日向ぼこ/和田一菜

捨てに捨て捨つに安らふ梅雨半月/数長藤代

かまど火はいつも安らか山枯れても/大野林火

バードウィーク日溜まりの猫安らけく/安西篤

目刺うまし安らよりまづわが酔ひぬ/森川暁水

稲架ふえて眼路安らかになりにけり/相生垣瓜人

枯れ尽くしたる安らぎに山河あり/野見山ひふみ

歯朶はさむ戸に安らかに住ひけり/長谷川かな女

刈り取られ安らけき田となりにけり/相生垣瓜人

戻れば家の暗さまづ母は安らげの蚊帳に/栗林一石路

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました