舸子を使用した俳句

舸子に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

舸子を含む俳句例

早鞆を今落す船舸子裸/高濱年尾

どの葉とて蕾を舸子に花筏/林昌華

乗初の舸子に渚に妻子達/高浜虚子

この浦の鯨の墓に舸子案内/向野楠葉

舸子の妻タオルを首に虎ケ雨/林白亭

遠目にも舸子の水干西祭/後藤比奈夫

施餓鬼上座網元舸子ならび/矢野潮花

春の浪舸子楫取はみな立てり/山口誓子

時々はわかさぎ舟の舸子謡ふ/高浜虚子

浴衣きて生業はなれたり舸子が妻/誓子

舸子の衆春着の娘らに通せんぼ/堀磯路

舸子呼べば来る海鳥や沖膾/大橋櫻坡子

船頭我れ施餓鬼の舸子を仕る/猪子水仙

足半に脛をさびしく鵜飼舸子/石原舟月

釣り上げし虎の始末舸子まかせ/風早燐

いちにんの舸子の余地なき宝船/丸山海道

初凪の艪櫂かつぎて舸子の妻/石田ゆき緒

客を引く舸子の嗄声こどもの日/亀井糸游

梅雨の舸子舟の厨に転び読む/五十嵐播水

蓑を着て迎への舸子や秋の雨/鈴鹿野風呂

俳句例:21句目~

鰤網を揚ぐる舸子らに雪しまき/松尾緑富

保津川の舸子のくらしに日焼して/山田弘子

老いし舸子艫の日向に孫匐はす/川島彷徨子

舸子が来て急にはかどる小豆引き/土屋利彦

舸子の手のぬれて蛍火くれにけり/皆吉爽雨

青き目の舸子海神の破魔矢受く/野中/春艸

ふるさとや屏風へだてて舸子と寝る/木村蕪城

利根川の舸子もまじれる神輿かな/軽部烏頭子

着ぶくれて赤きジヤケツや舸子の妻/高浜虚子

舸子酔ひて弾くバラライカ壁炉燃ゆ/橋本榮治

ペーロンやこの日のための帰郷舸子/下村ひろし

タイトルとURLをコピーしました