雨脚/雨足を使用した俳句

雨脚/雨足に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

雨脚/雨足を含む俳句例

雨足の衰へやすき祭町/原裕

雨脚の柳鮠ゐて忘るる日/斎藤玄

蟹漁の雨脚白し最上川/高澤良一

雨脚が竹の空より小正月/広瀬直人

葛城の雨脚はやし雛の夜/有馬朗人

藤の雨足袋穿きしめて土不踏/節子

水の面の雨脚せつに白木槿/岸田稚

雨脚の忽ち千筋花きぶし/高澤良一

石見路や雨脚白き半夏生/山田弘子

雨脚の舞つてゐるなり山吹に/敏郎

すぐそこに雨脚白し田草取/相馬遷子

遠くまで雨脚見ゆる秋あざみ/岡本眸

雨脚に早打ちとなる鉦叩/松尾崎明美

やはらかな雨足ばかり鳰の海/飴山實

雨脚のかかりてをれる瓢苗/石田勝彦

雨脚の光りの中の法師蝉/冨田みのる

旅先の雨脚見つゝとろろ汁/高澤良一

雨脚の吹き曲り見ゆ野分山/高澤良一

春椎茸雨足が見え波が見え/岸本尚毅

雨脚の高さの見えて竹の春/福井圭児

俳句例:21句目~

香煙のしみる雨脚梅暮るる/宮武寒々

雨脚や敦盛草に強うして/佐々木六戈

八月の雨脚太く地を打てる/嶋田麻紀

雨足の早くてひさごより雫/渋谷霞舟

生身魂雨脚ながき日本海/大峯あきら

雨足りて山田息づく花辛夷/相馬遷子

磯屑蟹打ちて雨脚強くなる/高澤良一

飲み水を雨足す見つつ古暦/石川桂郎

蕗の葉に太き雨脚山暮るる/田中冬二

すれ違ふ追山笠くづれ雨脚に/古舘曹人

ふりいでてしろき雨脚苺喰ぶ/木下夕爾

七月や雨脚を見て門司にあり/藤田湘子

暮れがたのこの雨脚や牡丹園/中村汀女

本当の雨脚となる穀雨かな/平井さち子

池の面の雨脚しげく年は逝く/山口青邨

竹植うる安房に雨脚はやき刻/大屋達治

雨脚が見え鶏頭のゆれはじむ/鈴木貞雄

雨脚に重さ加はるからす瓜/小笠原照美

雨脚は古歌さらさらと花菖蒲/渡辺恭子

雨足のしろがねなせる苗はこび/飴山實

俳句例:41句目~

雨足の激しくなりぬ猫の恋/田原幹一郎

落栗に雨脚つよくなりにけり/石田郷子

雨足の見えて牡蠣船灯りけり/貞吉直子

雨脚のうつろひ疾く鮎落つる/角川源義

雨足わたる島までの潮セロリ畑/中拓夫

雨足をゆるし給はる湯婆かな/渡邊水巴

早春の雨足りし路に菓子鋪の灯/宮武寒々

東風の坤石産るほど夜雨足りて/宮武寒々

真菰の芽雨脚もほゞ数条なり/米沢吾亦紅

雨脚は近く在るもの新樹見る/嶋田摩耶子

雨脚のみるみる太しオヤマソバ/高澤良一

雨脚をあつめたりけり水中花/加藤三七子

雨足の近づいてくる海の鵜よ/鈴木六林男

青鬼灯雨脚ひかる鬼子母神/中之庄谷愛子

雨脚の干潟に見えて避暑期去る/斎藤空華

遠雷にはや雨足の追うてくる/佐土井智津子

雨脚のあかるき陸奥のやぶからし/向山隆峰

雨脚やけものも往かずいのこづち/中島斌雄

雨脚こぞる水に洗ふと鱸かな/飛鳥田れい無公

雨脚のぴょんぴょん車前草伝ひなる/高澤良一

俳句例:61句目~

先頭を駈けゆくわれもそしてわが末来も雨脚に先取りされつ/福島泰樹

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました