百を使用した俳句

百に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

百を含む俳句例

外套や人百態の色一つ/林翔

鶯や野中の墓の竹百竿/蕪村

牡丹百二百三百門一つ/青畝

百日の鯉切盡て鱸かな/蕪村

立雨零行方郡に葵百茎/林桂

百畳の寺千畳の鰯雲/吉内健

荻ぞ影百物がたり声の暮/調古

百疋は握る使や衣配/黒柳召波

はつ雪や静に百の法師達/土芳

熱飯に紅生姜夏百日来/森澄雄

凩に富嶽百景抛りだす/松澤昭

鵺千鳥百夜燈しの脂かな/林桂

積乱雲登檣礼の百の帽/下田稔

落葉掃く箒百本修学院/滝青佳

綻ぶや雪百日の傷桜/西村公鳳

墨一色彩百色の夏の山/滝青佳

百品の旅の仕舞や冬の月/園女

籠枕百夜通へる島の船/桂信子

薫風や磴百八の男坂/水原春郎

更衣百歳の腕通したる/大串章

俳句例:21句目~

落葉掃く箒百本修学院/滝青佳

桜桃の百顆に百の雨雫/朝妻力

百本の枝の横ざま寒松籟/桂信子

幹百年いま百日の樟若葉/花谷清

宝前の百日白に人憩ふ/高浜年尾

蜩や配流を胸の小百日/石塚友二

百仏に一怨の翳野紺菊/金子青銅

百の山ふりかへらずに落椿/一考

羅の女がひとり百度石/小野菖菊

笹鳴や浅谷杉の小百本/尾崎迷堂

病室の窓黄落の百号よ/辻田克巳

聾耳や病を楯の夏百日/石川桂郎

咲花や懐紙合て四百本/井原西鶴

百仏に百灯献じ修正会/板谷芳浄

白雲の寂花蓼の露百顆/石原八束

行僧の百日の髭囀れり/金田眸花

紙を漉く冬百日の紺絣/山田春生

百銭の白消ゆるばかりなり/梅室

漢方の百の抽斗十三夜/有馬朗人

百僧の跪坐恭し初勤行/村重信子

俳句例:41句目~

鰯船かもめ百羽を従へて/若園守

百の鰤並べて市場始かな/成江洋

椋鳥百羽命拾ひし羽音かな/太祇

髪洗ふ女百態その一つ/高浜虚子

百余艘鯨に向ふ霰かな/会津八一

鴬や野中の墓の竹百竿/蕪村遺稿

一木のうしろ百木夏の暮/桂信子

香ぞ配る百ヶ寺参り花の札/調紅

百とせの後なき人や冬の蝿/嘯山

一樹病み百も二百も雨蛙/穴井太

一種火万灯籠の百灯す/磯野充伯

百五十億光年の星へ咳/嶋田一歩

一遍七百十五回忌秋燕/黒田杏子

雑炊に生きて百書の志/遠藤梧逸

闇匂ふ百の蛍の点滅に/中村和子

天狗岩百丈岩も囀れり/細川加賀

百本の泰山木の花の垣/二神節子

家百戸あれば寺ある柳かな/几董

百草も揃はぬころや涅槃像/乙由

谷川の石の百態春奏づ/佐藤瑛子

俳句例:61句目~

麥蒔や百まで生る皃ばかり/蕪村

百夜経て咳の減りたり初蛙/秩父

山科の百夜通ひ路糸桜/菅田静歩

少将の百夜通ひの竹落葉/望月明

百段の磴の黄落始まりぬ/佐野雅

誰か死ぬ百穴村の寒茜/萩原麦草

百鈞の重さの蕾牡丹に/藤田湘子

露の玉百千万も葎かな/川端茅舎

秋風や紙百千の文字以前/有働亨

百度石朝顔市の風の中/橋本謙治

柩橇百千の墓佇ち迎ふ/細川加賀

弓始め禄百石の指南番/北村雪山

冬波の百千万の皆起伏/高野素十

百尺の裸岩より夏の海/高浜虚子

裸灯に鰤の白腹百数ふ/細見綾子

山腹に百八燈の一文字/清崎敏郎

戸隠や百谿百の雷蔵す/東條素香

故郷を百度捨てし鳳仙花/杉田桂

玄冬の海に百の目啼鴎/高澤良一

百漉けば百の祈りや紙漉女/林翔

俳句例:81句目~

百歳の柩の軽く春の雪/成田千空

百歳の景色を庭の落葉かな/芭蕉

百歳の春も隣や餅の音/正岡子規

百生や蔓一すじの心より/千代尼

百菊もさくや茶の間の南向/嵐竹

嘶きて白馬百頭結氷期/柚木紀子

数へ年百歳といふ耳袋/高橋悦男

百生や蔓一すじの心より/千代女

朝涼や打出て法華太鼓百/堤高嶺

王国は百度滅ぶ花潜/高野ムツオ

笹鳴や浅谷杉の小百本/尾崎迷堂

百畳に善男善女十夜講/高澤良一

村百戸菊なき門も見えぬ哉/蕪村

百本の泰山木の花の垣/二神節子

百本の樹氷に月の青雫/加藤耕子

百本の枝の横ざま寒松籟/桂信子

青芒百日たてば月見哉/正岡子規

咲花や懐紙合て四百本/井原西鶴

百本の樹氷に月の青雫/加藤耕子

百畳の巌を滴る蝉の声/加藤耕子

タイトルとURLをコピーしました