踏み絵を使用した俳句

踏み絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

踏み絵を含む俳句例

踏絵の徒花影月影わが前に/原裕

鴎らの踏絵人造湖の着水/安達真弓

苗代の泥足はこぶ絵踏哉/正岡子規

春昼や踏絵に残る銀の色/中川宋淵

五月闇踏絵に人の足の跡/中村石秋

腰撓め踏絵見し腋汗走る/小林康治

母子草壁間のそれ踏絵かや/下村槐太

荊冠も目鼻も失せし踏絵板/岩崎眉乃

教皇の一の宝として踏絵/稲畑廣太郎

膝の子も母も顔なき踏絵かな/森田孟

ビルの影踏絵の如し冬の朝/落合冬至

竹落葉雲中に踏み絵馬堂へ/渡辺恭子

冷凍鞄に革命と踏絵憶う夏/赤尾兜子

踏絵見る夾竹桃を背の窓に/多田裕計

硯かと紛ふ踏絵の減り具合/山田純子

踏絵図の女の足の白さかな/鈴木鷹夫

紙踏絵涙のあともありぬべし/冨田和子

薄氷と踏絵と赤いハイヒール/水月りの

踏絵から先祖逃れて夫のあり/辻村麻乃

踏絵見し旅より崩れ月の雨/大岳水一路

俳句例:21句目~

踏絵なき世の霜柱ふみにけり/平田君代

金鳳華踏絵も光さびにけり/水原秋櫻子

雪降るや踏絵荊冠縛手図に/野見山朱鳥

扁平に干され踏み絵の村無音/伊丹公子

鳥わたるかつて踏絵の島の上/朝倉和江

太柱の蔭よりいでて踏絵かな/野村喜舟

岬に集る無言の提灯踏絵の町/金子兜太

晴るる日も崖に波濤や板踏絵/宮坂静生

梅咲くや少し踏絵の心地して/山中蛍火

ダリヤ咲く踏絵の残る郷土館/村松圭治

からかねの踏絵の端の光りをり/山本歩禅

ためさるるあうら冷たき踏絵かな/中勘助

深夜帰宅山茶花踏絵の如く踏み/楠本憲吉

足袋はかぬ天草をとめ踏絵かな/青木月斗

踏絵する誰も見てない姉の部屋/梅原昭男

踏絵ふまざれば獄門ふめば地獄/岩岡中正

罅はしりをりし踏絵の台なりし/京極杞陽

林道の処女雪踏絵のごとくあり/関森勝夫

数かぎりなき足過ぎし踏絵かな/吉田汀史

あたたかき日ざしに踏絵忘じをり/宇野芳子

俳句例:41句目~

いちまいの踏絵のイエス語らねど/山本歩禅

はんざきにせせらぐ谷の踏絵橋/小野せいや

乳飲児を抱きて踏みしといふ踏絵/山内山彦

使ひべりせぬ踏絵を貸してあげる/櫂未知子

踏絵てふことあり足を拭ひをり/金久美智子

手をついて踏絵舐めをりむらの奥/大屋達治

踏絵はや極暑にうすれかくれ耶蘇/玉城一香

寒き日の踏絵に差せばレモン色/佐野まもる

夏蝶のかなた踏絵をふみし日は/赤松けい子

身に入むや木目くぼみし踏絵板/小坂かしを

灼けし環礁踏絵の如く歩みゆく/岸本マチ子

踏絵見る遠き世もかく蓮枯れて/神尾久美子

はなばなを踏絵のごとく踏みゆけり/平井照敏

主のお顔なくなつてゐし踏絵かな/大森扶起子

消えかかる主となり給ふ踏絵かな/坂田美代子

男鹿なまはげ踏絵に勝る足跡なし/相原左義長

身にしむや踏絵のマリヤ頬ひかり/岡部六弥太

踏絵してキリストの眼のなくなりぬ/滝沢伊代次

抱かれたるイエスをさなき踏絵かな/加藤三七子

擦り減りし踏絵のびるぜんまりあさま/加舎逸子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました