まひまひを使用した俳句

まひまひに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

まひまひを含む俳句例

まひ~や盥の水の極の晴/野村喜舟

まひ~の水の広さや花菖蒲/山口青邨

まひまひの紫を帯ぶ翳に暈/西本一都

まひまひや庭の水落つ門流れ/飯田蛇笏

まひまひの水の広さや花菖蒲/山口青邨

まひまひの独り遊べり白日輪/高澤良一

まひまひの水玉模様みづのうへ/上村占

まひ~や深く澄みたる石二ッ/村上鬼城

まひまひの停まつてをり漣に/京極杞陽

空の爆音まひ~水にやすまざる/瀧春一

風を行く巫女のひとりは水澄/新間絢子

まひまひの夕は岸に到るのみ/下村槐太

まひまひや恋の水輪の三つ巴/小元洋子

詩仙堂まひまひつぶろ縞確か/鈴木栄子

まひ~の寂しさへ杖さし伸ぶる/菅裸馬

まひまひや深く澄みたる石二つ/村上鬼城

まひまひや同処十周馬に強ひて/香西照雄

まひまひや雷がひびける水の皺/佐野良太

まひまひに霽れかゝりたる空模様/上村占

まひまひの水暗がりに来て休む/薗田秀子

俳句例:21句目~

まひまひや寂莫として水の昼/大橋櫻坡子

まひまひの小さき渦巻月のそば/高野素十

まひまひの朝は岸を離れしのみ/下村槐太

まひまひや菖蒲にあさき水車尻/飯田蛇笏

まひまひや少し濁れる蓮の池/柴田白葉女

まひまひや父なき我に何を描く/巌谷小波

まひまひの澄むや入道雲のうへ/高橋睦郎

まひ~は水に数かくたぐひかな/子規句集

まひ~やかはたれどきの水明り/村上鬼城

まひ~や己が天地に遊びをり/高田風人子

まひ~や手洗ふ石も舟路なる/米沢吾亦紅

まひまひの舞ひ重ねゐる輪の清ら/小原渉

まひ~や雨後の円光とりもどし/川端茅舎

まひまひは円周率を踏まへつつ/今井竜蝦

風荒くまひ~いまは輪をなさず/中川飛梅

ダム番は覚めず鼓虫すでに舞ひ/木村凍邨

人声の中まひまひのはやくなる/山崎為人

まひまひの円を描きて円を出ず/和田ゑい子

まひまひの光輪にべにさし暮れぬ/永田耕衣

まひ~の舞ひとどまりし水広し/鮫島春潮子

俳句例:41句目~

まひまひの草隠れつつまひやまず/内藤吐天

まひまひは水に数書くたぐひかな/正岡子規

まひまひや故郷をめぐり来たる水/今瀬剛一

まひまひや雨後の円光とりもどし/川端茅舎

まひまひを渡しどうぞと知らぬ顔/岡田史乃

流れ入るや清水鼓虫よりも舞ふ/中村草田男

まひ~や語れば流れてしまひさう/高山妙子

まひまひにありて座禅の燈が入る/古舘曹人

まひ~のまふ水に月やがてなき/楠目橙黄子

まひ~のヽとをるところ湖へこむ/皿井旭川

まひ~の一つが失せし草根かな/楠目橙黄子

まひまひにけだるき風となりにけり/上村占

まひまひや浮葉のひまの舞せばく/軽部烏頭子

まひまひやむかしわたしは弓なりに/栗林千津

まひまひの水に二人のゆびひたす/八木原祐計

まひ~の舞ひそろひ舞ひみだれつゝ/永野秋羅

いち早く蜉蝣まひまひと春の雲/飛鳥田れい無公

まひまひの水輪ぶつかりあふてゐし/安藤まこと

まひまひにしばらく昏む葦葉かな/飛鳥田れい無公

タイトルとURLをコピーしました