歩幅を使用した俳句

歩幅に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

歩幅を含む俳句例

楸邨の歩幅に遠し烏瓜/栄水朝夫

石段は男の歩幅濃竜胆/下山宏子

日盛の歩幅にぶらす銭の音/源鬼彦

梅林を風の歩幅の二人かな/土谷倫

飛び石は昔の歩幅夏落葉/藤森貞子

緊張の歩幅揃へる騎馬始/水見寿男

初詣母の歩幅に合はす旅/岩本敏子

並びゆく遅日の歩幅誰か酔ふ/原裕

白足袋を穿けば歩幅の改る/小林一鳥

伊能地図歩幅はるかに青岬/大内秀夫

修験者の歩幅の磴や橡落葉/鶴丸白路

花嫁と同じ歩幅に桜かな/菅沼としみ

十代の歩幅が揃ひ芝青し/中口飛朗子

妊りて歩幅小さく蕗の薹/西川みちこ

木犀の香の域にゐる歩幅かな/石寒太

子雀の跳ねる歩幅の土親し/川端尚武

峡の空急ぐ紅葉の歩幅見ゆ/栗生純夫

踏青の歩幅をかくす修道衣/朝倉和江

新涼や歩幅も合ひし夜の街/蒲みつる

朝霜の沢石夫の歩幅拠る/平井さち子

俳句例:21句目~

梅雨明けの鶏を追ふ歩幅かな/今井聖

沖残照娼婦の歩幅もて歩く/多賀芳子

卒業の歩幅に母は追ひつけず/今瀬剛一

刈草を負ひて歩幅を制せられ/山口誓子

偕老の歩幅をゆるせ山つつじ/斎藤梅子

惜春のわが道をわが歩幅にて/倉田紘文

花しどみ妻には妻の歩幅あり/福永耕二

散り敷きし楓の朱に歩幅変へ/平沼桂子

ひとりにはひとりの歩幅鰯雲/谷口桂子

飴売りの歩幅で芝を踏み乱す/対馬康子

麻袴歩幅に隙の無かりけり/脇本千鶴子

成人式へ女の歩幅となる晴着/抜山易子

神官の歩幅にしたがう放生会/上杉竜介

ペンギンの歩幅危うい寒の内/大石壽美

紅梅一生妻は歩幅に遅速なし/橋本夢道

あの世まで歩幅のこして鳥渡る/おぎ洋子

かんじきの歩幅は恐竜の重さで/津田清子

それぞれに歩幅さだまり月の道/木下夕爾

もの思ふ歩幅となりて落葉踏む/米田/豊

メーデーに歩幅正しく義足蹤く/稲富義明

俳句例:41句目~

朴の花そこより歩幅新たにす/加倉井秋を

梅を見て廻る歩幅となりゐたり/高澤良一

初雪を歩幅大きく来たりけり/ふけとしこ

登山靴穿きて歩幅の決りけり/後藤比奈夫

雪馴れし彼の歩幅に蹤き行けず/山田弘子

青き踏む父をいたはる歩幅にて/岡田安子

冬満月歩幅ひろげてゆく一人/幡野千恵子

かんじきの危ふき歩幅たのしめる/岸田稚

どこかで許し合う明日つむぐ歩幅/鈴木豊明

はこべらはひと色の紐わが歩幅/清水喜美子

カチカチと義足の歩幅八/一五/秋元不死男

マント脱ぐ川幅歩幅さだまりて/新谷ひろし

同じ歩幅に来ては鼻うつ檻の獣/八木三日女

落葉踏む歩幅小さくなりしかな/長谷川照子

雪を踏む歩幅小さくなつてきし/鈴木志げる

雪積ることと歩幅が合ふ気がす/加倉井秋を

子に合はす父母の歩幅や七五三/山崎ひさを

スケートに乗つてしまへばなき歩幅/水見壽男

汗かかぬ歩幅身につけ津軽妓女/鍵和田ゆう子

わたしの早口と働く女の歩幅で街ゆく/段証尚子

俳句例:61句目~

セルの裾に歩幅はばまれ初ぶ児見に/平井さち子

散松葉歩幅小さくなりにけり/飯島晴子「平日」

タイトルとURLをコピーしました