登窯を使用した俳句

登窯に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

登窯を含む俳句例

寒夜更く鳴動つづく登窯/谷本淳子

登窯延ぶるに鴉ゐる冬木/茂里正治

こほろぎや炎途絶えし登窯/兼松/悟

人日やすでに火入れの登窯/加吉宗也

猪垣の途切れてそこに登窯/山田弘子

登窯隅まで梔子の風通ふ/柴崎左田男

登窯雲の峰へとつづきけん/長谷川櫂

白息を殺して詰める登窯/松崎鉄之介

逝く秋の残り炎しぼる登窯/都筑智子

登窯切れぎれ残るきりぎりす/下村ひろし

登窯攻め切つてより梅雨に入る/大森井栖女

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました