暗闇を使用した俳句

暗闇に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

暗闇を含む俳句例

鏡餅暗闇を牛通りけり/桂信子

暗闇の筧をつたふ蛍かな/許六

暗闇に故里訛富士詣/吉村あい子

満月の暗闇多き奈良の町/知世子

暗闇をたどれば藁か村祭/桑原三郎

暗闇に猫の登りし梅匂ふ/横山房子

暗闇を祭の色として使ふ/後藤立夫

白菊や暗闇にても帯むすぶ/知世子

暗闇に道のあらはれ蛍籠/斉藤美規

雛壇の緋が暗闇にひろがれり/耕二

鵜舟去る寶満宮の暗闇に/橋本鶏二

暗闇をたぐれば藁か村祭/桑原三郎

からす瓜咲く暗闇に風太郎/高澤良一

冷凍烏賊溶ける暗闇浅沼忌/加藤三陽

帰路は暗闇藺刈女の乳が張る/藤井亘

暗闇に水の湧きゐる椿かな/長谷川櫂

暗闇のあとを急げり山の水/久保純夫

暗闇の谷へ豆撒く吉野建/山口貴志子

暗闇を鹿列なして横切りぬ/岡井省二

顔ゆるびをり火祭の暗闇に/外川飼虎

俳句例:21句目~

風鈴や暗闇がよく見える人/岸本尚毅

暗闇に石のつらなる障子かな/岸本尚毅

暗闇に蚊帳のゆれ見え颱風来/高橋馬相

暗闇を殴りつつ行く五月かな/三橋敏雄

残る虫暗闇を食ひちぎりゐる/佐藤鬼房

眠れずよ暗闇に濃く白木槿/阿部美智子

破魔矢の鈴暗闇にまた海の音/川崎展宏

暗闇の眼玉濡さず泳ぐなり/鈴木六林男

底のない箱の暗闇ちちろ鳴く/渡辺記代子

揺籃や夜々を暗闇まさりゆく/沼尻巳津子

暗闇の師走狐のくをんと啼く/佐々木六戈

暗闇の下山くちびるをぶ厚くし/金子兜太

暗闇も生きもの二つ茄子の馬/宇佐美魚目

暗闇のさくら一本しぶき上ぐ/和田耕三郎

暗闇の目玉濡らさず泳ぐなり/鈴木六林男

暗闇くぐる紅き鼻緒をあらはにし/攝津幸彦

わが屋根にとどろく雨に暗闇にみひらき思う天空のいたみ/秋元千恵子

方位なき暗闇のなか寝返ればうゐのおくやまゆめ揺れにけり/高野公彦

タイトルとURLをコピーしました