弔いを使用した俳句

弔いに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

弔いを含む俳句例

弔ひのうしろを通る裘/黛執

弔ひにゆく朧夜の待合せ/細川加賀

初声やきのふは人を弔ひし/勝又一透

弔ひに落葉臭さを持ち込みぬ/高澤良一

弔ひのピストルを撃つ春泥に/攝津幸彦

村うちに弔ひのあり代を掻く/安藤順一

弔ひのざわめきのある雪間かな/山本洋子

野あざみや弔いの旗見送りぬ/足立美和子

いざよひやけふ弔ひし魂のいろ/佐怒賀正美

弔いの後の蓴菜箸を逃げ/森田智子「掌景」

松明あかし弔ひの火か枯るるなか/八牧美喜子

タイトルとURLをコピーしました