虹立つを使用した俳句

虹立つに関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

虹立つを含む俳句例

虹立つや麦藁帽の庇より/中村汀女

秋の虹立ちて正岡八重の墓/石嶌岳

虹立ちし鎌倉丸の朝かな/京極杞陽

切崖に雪解虹立つ最上峡/岩瀬木蘭

虹立てり荒き雫は樅の直/高澤良一

虹立ちて鯉飼ふ村の空闢き/高澤良一

虹立つや狂女の唄ふ唄悲し/稲畑汀子

虹立ちて空は平衡保ちをり/岩田昌寿

虹立つや少女にあまる弓の丈/神蔵器

虹立ちて忽ち君の在る如し/高浜虚子

図中に黒い虹立ち窓に旱り星/飴山實

風邪の傘重し虹立つ沖明り/小林康治

奇蹟とや夕立虹立つ神殿址/桂樟蹊子

虹立つやますほの小貝掌に/大橋敦子

詩は言語道断冬の虹立つも/高澤良一

虹立てり青木繁も見し海に/大屋達治

約束の虹立つてゐる氷河かな/仙田洋子

虹立ちて湖の広さの変りたる/中川秋太

虹立ちて三保の松原日当れり/京極杞陽

虹立つとさそひ漂ふ鶴千羽/千代田葛彦

俳句例:21句目~

虹立つと呼ぶ七人の子供欲し/中嶋秀子

一会とは泉の如し虹立てり/佐藤美恵子

山よりも低く初冬の虹立ちて/阿部静江

北山に時雨虹立ち街を行く/波多野爽波

虹立てり二人子の文来合せて/村上光子

隠沼に秋の虹立ち巫女帰る/仁村美津夫

桐の花虹立ち山河みづみづし/川村紫陽

海へ行く河に虹立つ甘えまじ/岩田昌寿

竹山に春の虹立つ間近さよ/松本たかし

ちぬ釣に虹立つ涛のしづまりぬ/西島麦南

のれん出す野毛飲屋街虹立ちて/高澤良一

虹立てり、ああ新興の虹立てり/筑紫磐井

虹立つを竜宮と言ひ海女潜る/町田しげき

ドミニカの国に二重の虹立てり/佐川広治

夢殿に阿うんの春の虹立てり/冨田みのる

海かけて気比の松原虹立てり/大橋櫻坡子

虹立ちて柊の花散るいはかがみ/小林碧郎

海の上に虹立つ朝のひとりごと/金國久子

虹立つや失いしもの山のかたち/青木栄子

萱刈とわが見るのみに虹立ちし/宮下翠舟

俳句例:41句目~

虹立ちぬ空に匂ひのあるごとく/井桁蒼水

虹立ちてたちまち雨の乾く椅子/岸本尚毅

虹立つやとり~熟れしトマト園/石田波郷

茶摘女を濡らして山の虹立てり/羽部洞然

虹立てり急にたべたき海のもの/神尾季羊

庄内は稲の刈りどき虹立てり/鷲谷七菜子

冬の虹立たせて能登の一の宮/本山富美子

虹立ちて悲しきいろの並びゐる/金田咲子

虹立ちてけんかの児等の仲直り/安居須美子

虹立ちて十和田湖の瑠璃濃かりけり/堤剣城

朝の虹立ちかはりたる青嶺かな/五十崎古郷

虹立つやひそめてとめどなき愛ぞ/清水基吉

花終へしつつじ野けふの虹立たす/大野林火

渦潮の虹立つしぶきふりかぶる/稲垣きくの

虹立ちしことはさいぜん月かかり/深見けん二

虹立つも消ゆるも音を立てずして/山口波津子

虹立ちてたちまち波のをさまり来/八牧美喜子

虹立てり誰もながくは振りかえらず/古沢太穂

虹立つやサルサの歌手のおちよぼ口/仙田洋子

小さなスプーンを虹立つ市場でなめてみよ/夏石番矢

俳句例:61句目~

キヤスリン/バトル虹立つやうに唱ひたり/細見綾子

キャスリン/バトル虹立つやうに唄ひたり/細見綾子

タイトルとURLをコピーしました