遺児を使用した俳句

遺児に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

遺児を含む俳句例

人中に遺児うつくしく鰯雲/石原舟月

春しぐれ戦友会に遺児ひとり/松崎豊

遺児けふは葉桜の影満身に/石田波郷

遺児として逞しく生ひ年礼に/柏原絢

御巣鷹山の遺児ら涙の流灯会/鳥居忠一

洩れ日潤む金の小池遺児二人/成田千空

遺児育ち記念樹育ち平和祭/五十嵐秀一

陳さんの遺児上元の燭ふやす/中尾杏子

踊り髪結ひて原爆遺児なりき/下村ひろし

遺児愛す情おのづから花ぐもり/飯田蛇笏

二の腕細き遺児よ万緑左右に迫り/香西照雄

友の遺児としたたりやまぬ夜の梨/友岡子郷

座礁船ことに遺児たちが見ている/金子兜太

遺児と寝て一と間森ンたる冬座敷/飯田蛇笏

遺児の手のかくもやはらか秋の風/飯田蛇笏

遺児幼なし葬りの西日まぶしがる/右城暮石

夫の死に並ぶ造花を遺児が欲しがる/穴井太

ほとゝぎすすでに遺児めく二人子よ/石田波郷

北風ふく夜ラジオは遺児に唄はする/岸風三楼

夏帽を手に被せてゐる小さき遺児/田川飛旅子

俳句例:21句目~

蝌蚪に足くちづけの音は遺児と母/田川飛旅子

遺児二人壺いつぱいのらつきようで/鮫島康子

抱いて柔は柔は友の遺児なり裸子なり/奈良文夫

タイトルとURLをコピーしました