襖絵を使用した俳句

襖絵に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

襖絵を含む俳句例

襖絵の一瀑緊る鏡餅/関森勝夫

襖絵の梅や湯婆賜りて/松本進

襖絵は古式捕鯨の島の宿/中裕

襖絵の海金剛に秋の風/桂樟蹊子

襖絵の龍暗澹と夏の山/古舘曹人

襖絵は狩野山楽牡丹の図/桂信子

襖絵の鷹や雀や秋日和/鈴木鷹夫

襖絵の瓢箪鯰春めけり/茂恵一郎

襖絵の鷹にも及ぶ鳥曇/鈴木鷹夫

襖絵の波頭畳へ鑑真忌/浦野芳南

襖絵の鴉夜長を躍り居る/原石鼎

襖絵に起る浪音鑑真忌/小畑晴子

襖絵の岩に人立つ初嵐/廣瀬直人

襖絵の海の青さや鑑真忌/中川幸子

入れ違ふ襖絵花の宴あと/中尾杏子

襖絵の風神雷神夏近し/藤井寿江子

襖絵の猿岩頭に秋しぐれ/桂樟蹊子

波濤図の襖絵曝す蘆雪寺/中川幸子

襖絵の金泥寂びぬ春愁/金原登志子

襖絵の雲が雨呼ぶ鑑真忌/谿/昭哉

俳句例:21句目~

襖絵の老人の背に年移り/黒田杏子

襖絵の鶴に手拡げ春著の子/大串章

襖絵の鶴舞ひ遊び寝正月/田村木国

襖絵に義経とどめ春の雪/伊藤茂美

襖絵は名知らぬ絵師の寒雀/桂信子

襖絵や蓮枯れ水は敏感に/大井雅人

襖絵を拝し底冷え畏みし/古沢太穂

襖絵の余白へ翔てり初鴉/南本和子

襖絵の墨の薄るる実千両/古田紀一

襖絵の山水を吹き盆の風/館岡沙緻

襖絵の波に囲まれ鮟鱇鍋/三浦美穂

襖絵の波の白さや鑑真忌/竪ヤエ子

襖絵の青濤ひかる月点前/奥村木久枝

文晃の襖絵を背に年始受く/遠藤止観

春暁の襖絵のまだ浮び来ず/白松達夫

襖絵の酒呑童子のどけしや/巌谷小波

襖絵の湖に日当る淑気かな/鈴木鷹夫

襖絵の波うつろはず鑑真忌/鶴嶋博子

襖絵に牡丹の火焔冬の宿/鳥羽とほる

襖絵の金銀を着る鳥けもの/尼崎/澪

俳句例:41句目~

襖絵の山河の古ぶ夏座敷/伊藤トキノ

襖絵のうす墨山の夜寒かな/鈴木鷹夫

襖絵の猿猴木の實貯ふる/八木林之介

襖絵の青夜の瀾や鑑真忌/田平龍胆子

襖絵の虹のつづきに春の空/大木美沙

襖絵の鶴相寄りて枯野閉づ/橋本榮治

襖絵の由来を聞きし糸桜/本保志津子

襖絵の合ひて襖を入れ終る/鷹羽狩行

襖絵の秋の七草どっと揺れ/鳴戸奈菜

襖絵の早池峯合はす冬座敷/古舘曹人

カザルスを聴く襖絵の隼と/大木あまり

襖絵の桔梗が屋根を突き破る/西川徹郎

狩野派の襖絵四方に黴にほふ/鷹羽狩行

目借時狩野の襖絵古りに古り/京極杜藻

襖絵の孔雀は老いて秋陽欲る/横山白虹

襖絵の四季うすれつつ城の秋/西本一都

襖絵の龍の目とあふ天龍寺/柴田美代子

襖絵のくもれば匂ひ来ぬ花菜/太田鴻村

襖絵のうすれうすれし春火桶/山本洋子

襖絵は白波立てて施餓鬼かな/岸本尚毅

俳句例:61句目~

襖絵の萩をこぼして雨あがる/渡辺みつ

襖絵の虎と目の合ふ寒の入/阿部喜恵子

花ふぶくたび襖絵の花も散る/町田しげき

襖絵にゐる鷹の目の淑気かな/岡部名保子

襖絵のうすれかかりて定かなる/長谷川櫂

襖絵を弥生なかばの日が移る/水原秋櫻子

襖絵の砂漠に独りをりにけり/宮澤さくら

襖絵を替へて帰国の子等を待つ/八巻絹子

タイトルとURLをコピーしました