仏燈を使用した俳句

仏燈に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

仏燈を含む俳句例

冷かや佛燈青く碁の響/正岡子規

雨夜の燈仏燈めくや蝌蚪の上/秩父

黴の宿仏燈のみぞ新しき/福田蓼汀

仏燈や火蛾の翅粉をただよはす/多佳子

春燈として仏燈の暈のゆれ/鈴木六林男

母のみとりに仏燈忘る宵の冬/富田木歩

仏灯のとどくところに冬の虫/箕浦須磨子

仏燈に浮み出でたる冬蚊かな/大橋桜坡子

仏灯のひとつひとつや秋のさび/上川井梨葉

仏灯を秋思のいろとして消さず/長谷川秋子

仏燈を消しまゐらする白芙蓉/阿部みどり女

佛燈もかなしき春の灯かな/万太郎せん/吉屋信子

俳句作品例
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました