眉間を使用した俳句

眉間に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

眉間を含む俳句例

春蘭や尼に眉間の皺はなし/静塔

一徹な男の眉間冬の鵙/石川辛夷

一瀑を眉間に通す初景色/北川英子

連凧を仰げる眉間父子かな/石寒太

伐折羅大将寒雷走る眉間かな/林翔

冬濤の眉間砕けし白煙/中村草田男

女正月眉間に鳥の影落つる/飯島晴子

馬の眉間の白ひとすぢや山始/小澤實

春愁を眉間にあつめ馬丁俑/羽部洞然

山登る常に眉間にある冬日/福田蓼汀

白面の眉間発止と雪崩れけり/林昌華

硝子吹く男の眉間稲妻す/北見さとる

凍滝を眉間にかかげ独鈷山/宮津昭彦

樅焼けば痛みともなふ眉間かな/林桂

眉間もて受くる枝影梅早し/井沢正江

病むとなく眉間が痺る桐の花/佐藤鬼房

水陽炎仁王の眉間明るうす/田川飛旅子

疑って眉間に力かぜききぐさ/池田澄子

眉間まで寄せくる水や下り簗/本多静江

むつかしき牛の眉間や稲の秋/山口誓子

俳句例:21句目~

色鳥や何れも暗き木の眉間/河原枇杷男

花鋏つかふ眉間にいなびかり/朝倉和江

行々子に眉間割られる日曜日/冬田水棹

天高し眉間をまもる郵便帽/磯貝碧蹄館

女教師の眉間の傷も夏めけり/清水哲男

鉤を打つ鮪に美しき眉間あり/樫谷雅道

寒晴の切つ先にわが眉間あり/高柳克弘

雪の山眉間に立てゝうち仰ぐ/古舘曹人

雲の峰眉間に湧くは掴むべし/富安風生

手鈎傷眉間に鮟鱇糶られけり/奈良文夫

書斎派の眉間の皺も冬に入る/鈴木鷹夫

ひたひたと夜の波打つ眉間かな/長澤奏子

亀鳴くや抓みて遠きわが眉間/河原枇杷男

凍る夜や人のさびしさ眉間に来/石塚友二

実南天眉間につけて虚空を忌む/夏石番矢

山を焼く火の煽りたる眉間かな/行方克己

歓喜天眉間を蜘蛛の下りきたる/斎藤梅子

木の葉髪眉間に強き刺戟欲し/田川飛旅子

悩む眉間たち太陽と繰綿機の狭撃/堀葦男

流れ星眉間濡れしとおもひけり/小川軽舟

俳句例:41句目~

若葉光阿修羅眉間を解かざりし/谷中隆子

眉間より凍ほぐれゆく磯焚火/古賀まり子

水中り眉間たひらになりゐたり/原田青児

懐旧の野山の色を眉間にし/長谷川かな女

青なつめ眉間に垂れて闇ふかし/佐藤鬼房

まくなぎが牛の眉間に鬨をなす/榎本冬一郎

アイスホッケー眉間の傷を勲章に/守屋明俊

巻きそめし眉間のつむじ黒仔牛/正木ゆう子

眉間といふものが子鹿に駒鳥に/岩淵喜代子

眉間に聳ち雪の冥さの孤峯なり/鷲谷七菜子

日が跳ねて弥陀の眉間や牡丹より/古舘曹人

水鶏ゆくや落日を眉間の光とす/日夏耿之介

菖蒲ひらき眉間は武士の裔なるか/古舘曹人

菫摘む阿修羅の眉間おもひつつ/河原枇杷男

独楽の子の眉間はつしと夕日さす/内藤吐天

梅雨に入る眉間に傷もつ鯉と会ひ/藤岡筑邨

蛇苺みてゐて眉間に眸のうまる/河原枇杷男

まして中年青梅噛んでの眉間の皺/伊丹三樹彦

著莪の花眉間のちから抜きにけり/正木ゆう子

廃墟の石段のぼる朝日が眉間で濡れ/伊丹公子

俳句例:61句目~

馬の眉間つぶさに照らす聖夜の月/磯貝碧蹄館

さがしている眉間のあたりの古いホテル/阿部完市

眉間きゅつと炎暑に耐ゆる仁王かな/佐渡谷ふみ子

タイトルとURLをコピーしました