瀬鳴を使用した俳句

瀬鳴に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

瀬鳴を含む俳句例

四万川の瀬鳴り押し来る秋の雨/普羅

五月雨の山国川の瀬鳴りの夜/河野扶美

実盛虫送りし月の瀬鳴りかな/宮岡計次

朝焼けのして鉄塔に冬瀬鳴る/飯田蛇笏

水上や瀬に鳴る水の明け易き/佐藤春夫

秋水の孤り鳴る瀬やカッパ渕/高澤良一

胡桃落ち瀬音高鳴る登山基地/吉澤卯一

錆鮎の瀬鳴り貫く通し土間/つじ加代子

雄物川夜は秋涸の瀬を鳴らす/皆川白陀

一乗谷川鳴る瀬に浸す漬菜樽/能村登四郎

春もはや鳴る滝つ瀬の花わらび/石原八束

月夜雨簗をくづして鳴る瀬かな/飯田蛇笏

送水会闇に瀬波の鳴りゐたり/和田ゑい子

谷うつぎ瀬鳴りに生きて小鳥呼ぶ/河野南畦

道志七里の石みな青し瀬鳴冷ゆ/石田あき子

雪山の昏るるゆとりに鳴る瀬かな/飯田蛇笏

高西風に秋闌けぬれば鳴る瀬かな/飯田蛇笏

海鳴りも瀬鳴りも熊野/苧環咲く/田中みち代

避くるな押せと雪解の瀬鳴り昂り来/加藤楸邨

タイトルとURLをコピーしました