国家を使用した俳句

国家に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

国家を含む俳句例

水甕の水の深さの国家かな/久保純夫

終章を繰りいる星の国家群/大西淳二

ナイターや一つ国家に異民族/河合公代

国家炎え母炎え残る雨具かな/攝津幸彦

夕顔の実の横たはる国家かな/鈴木伸一

縁切れぬものに国家と水虫と/後藤一之

降る雪に消えし国家の現われ来/徳弘純

湯豆腐の真ん中にある国家かな/久保純夫

国家よりワタクシ大事さくらんぼ/攝津幸彦

妬ましの樹々に花咲く見えない国家/金井明

征矢ならで草矢ささりし国家かな/小川双々子

国家など亡ぶるがよし窕く濃く熟れたる山桃ひとりしすする/島田修二

タイトルとURLをコピーしました