庭火を使用した俳句

庭火に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

庭火を含む俳句例

除夜詣庭燎に浮ぶ太柱/窪川要子

御社や庭火に遠き浮寐鳥/子規句集

青ざしや稲荷の庭火木綿かつら/幽山

庭燎にちらつく雪や初神楽/上野巨水

延寿盃庭燎の埃たふとけれ/木下眉城

しんしんと梅散りかかる庭火かな/荷兮

方相氏庭燎明りに構えたり/五十嵐播水

猪濁活の花の丈なす庭燎かな/宮坂静生

ゆく春の雨は庭燎の辺に降りぬ/岸風三楼

庭燎とふ神楽歌あることを聞く/後藤夜半

庭燎燃ゆ歳旦の儀は今さなか/長谷川素逝

鞠始ありゃおうと継ぎ庭燎かな/松田曼莉

木立枯れて夜半の庭火のあらは也/正岡子規

タイトルとURLをコピーしました