音叉を使用した俳句

音叉に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

音叉を含む俳句例

抽斗につかはぬ音叉春の虹/菅原鬨也

満月のひとつ音叉を伴いし/豊口陽子

君寄らば音叉めく身よ冬銀河/藺草慶子

恋猫に音叉を一つ打ちやりぬ/大石悦子

教会の音叉となるや梅の枝/鳥居おさむ

竹林に風の音叉や夏つばめ/水野すみ子

塔の底にて音叉がひびく母の景/高柳重信

河骨の水に音叉のひびきかな/正木ゆう子

秋のひと音叉一と打ちしてゆきぬ/澁谷道

こめかみに音叉の余韻花の冷え/熊坂てつを

召びいだす《ラ音》音叉に鶴の空/柚木紀子

ふるへあふ音叉のごとく曼珠沙華/夏井いつき

夏柑一つかなしみ音叉の確かさにて/友岡子郷

タイトルとURLをコピーしました