鐘楼を使用した俳句

鐘楼に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

鐘楼を含む俳句例

初霜や鐘楼の道の履の跡/許六

鐘楼に犬出て鰯引きはじむ/計次

凩の鐘楼危ふし巌の角/夏目漱石

佗助や鐘楼小さき閻魔寺/菅野昭藏

鐘楼の幣踊らせて春一番/安斉君子

鐘楼の石垣錆びて昼の虫/高澤良一

鐘楼へ黒き洋傘ひらく女/寺井文子

定刻打鐘楼青き蛾を孕む/和田悟朗

教会の鐘楼わたる冬の雷/堀口星眠

鐘楼に栗鼠とび移る青嵐/池田慶子

鐘楼に焚火跡ある三ヶ日/椎橋清翠

鐘楼の鳩のこぼせし若葉雨/山川子

鶯の鐘楼に鳴くや朝の内/正岡子規

鐘楼に萱束を積む日蓮寺/山城やえ

鐘楼や城の如くに冬の山/川端茅舎

蟻地獄鐘楼の土知り尽す/石川桂郎

鐘楼に鬼くる刻か霜の声/高井北杜

鐘楼より一山の雪囲解く/皆吉爽雨

鐘のなき鐘楼に散る花杏/鈴木厚子

鐘楼のうへに半月年移る/松田富美

俳句例:21句目~

鐘楼の四足の傾斜鳥渡る/高井北杜

鐘楼の如く静かに昼御飯/攝津幸彦

鐘楼にもどる鐘の音豊の秋/柳澤和子

鐘楼より見下ろす筏暮の春/野村泊月

天竺鐘楼あやふやに霞むかな/松澤昭

鐘楼に柿吊しあり由布の寺/吉野長慎

海見たき時は鐘楼へ暮の春/伊藤柏翠

鐘楼に子らの声する種浸し/皆川盤水

鐘楼に飛天舞ひゐる原爆忌/藤島咲子

鐘楼へ短き梯子年惜しむ/立本美知代

落葉つくして鐘楼に鐘一つ/今瀬剛一

鐘楼の夜のととのふ梅一輪/福永尚子

鐘楼へあつまる大路仏桑花/亀田清子

羅漢寺の鐘楼の草の鶏頭かな/飯田蛇笏

月代に浮ぶ鐘楼やほとゝぎす/野村泊月

野分する夜寺僮鐘楼へ上り行く/森鴎外

花の山鐘楼ばかりぞ残りける/正岡子規

逝く秋の鐘楼に鐘なかりけり/桜井幸江

鐘楼に凭れて見るや嵯峨念仏/志賀松声

鐘楼に日の差してゐる小正月/伊藤政美

俳句例:41句目~

鐘楼に春の浅間を撞くごとし/古舘曹人

鐘楼のほとりの梅の遅きこと/岩田由美

鐘楼に茸籠置いてくたぶれし/野村泊月

鐘楼のあたりくらさや初御空/大橋霊山

鐘楼より稚児我を嬲る花野哉/西山泊雲

鐘楼の影うつりたる乾飯かな/吉田冬葉

鐘楼の影して浮葉紅葉かな/大木さつき

鐘楼の下の長屋のよなべかな/増田龍雨

鐘楼の全たき寺格つくづくし/田中水桜

鐘楼の闇を纏ひし梅雨の寺/市東松風子

鐘楼の四方に空あり木の芽晴/伊沢健存

鐘楼はしぐれて枉に鳶翔ちぬ/宮武寒々

鐘楼へのぼらむと一途聖霊祭/小池文子

鐘楼の四方は吹き抜け冬木立/田中照子

鐘楼を巡りて水の落ちにけり/萩原麦草

鐘楼の脚よろけさう法師蝉/鍵和田ゆう子

萱干してある鐘楼のまはりかな/山本洋子

鐘楼の下に来てゐる田水沸く/大峯あきら

鐘楼のなかの地獄絵うそ寒し/福田甲子雄

鐘楼に積みかさねある年木かな/岸風三楼

俳句例:61句目~

大破して蜂の巣懸けし鐘楼かな/尾崎紅葉

鐘楼の鉄片地を刺し西日刺す/下村ひろし

鐘楼落ち麦秋に鐘を残しける/水原秋櫻子

雲の峰見下ろして立つ鐘楼かな/野村泊月

夕野火を見てのぼりゐる鐘楼かな/鈴木花蓑

鐘楼の地にある重さけらの縷々/下村ひろし

鐘楼の落葉を掃きてより撞ける/片山由美子

タイトルとURLをコピーしました