一族を使用した俳句

一族に関連した俳句の例をまとめました。

スポンサーリンク

一族を含む俳句例

鰯雲この一族の大移動/茨木和生

同姓の多き一族夾竹桃/倉橋尚子

筍を掘る一族の墓の前/猪俣千代子

香煙や一族まゐる藪の墓/飯田蛇笏

立志伝なき一族の墓参り/吉田健一

盆の闇一族となり水運ぶ/森田智子

一族の真ん中に母山笑う/伊関葉子

一族の眠る一山淑気満つ/北さとり

一族の年々増えて初写真/下間ノリ

一族の端に連なり葱坊主/好村文子

七夕竹艀一族見られけり/小林康治

一族の集ひ一夜の走馬灯/渡辺房子

一陽来復この一族に恙無し/森幸子

一族の声ころがせる青簾/越智愛水

一族の婆先頭に彼岸墓地/山田節子

しのぶ草一族絶えて墓百基/豊治邦夫

芋掘つて芋の一族離散さす/安原久雄

葛のつる引けば一族御前に/黒木悦子

麦蒔の一族ひかり異なれり/飯田龍太

除夜の箸交叉し華人一族と/伊丹公子

俳句例:21句目~

一族にしては多過ぎ水馬/田中佳嵩枝

一族に僧籍多き御影供かな/近藤一鴻

一族のなかにきらめき盆の水/桂信子

雪濁り一族といふ名の脆さ/鈴鹿泰子

一族の墓を高きに初景色/柴田佐知子

一族の墓地や植田に隣りして/石川薫

一族の墳墓落花が鬨つくる/河野南畦

一族の影の濃くなる葱鮪鍋/八木荘一

一族の滅びの墓群北下し/柴田白葉女

一族の百人あまり睦月かな/石井露月

一族の蛍袋となり揺れる/鮫島すみこ

一族はすぐ縦列に石蕗の花/坪内稔典

一族の言葉起伏し華僑の死/伊丹公子

墓囲む一族誰も彼も低し/橋本七尾子

沼凍てて鴨一族に空もなし/河野南畦

百八灯点す一族の子等無口/野口/清

秋空の一族よびて陽が帰る/飯田龍太

むささびの森に一族眠りをり/高橋英子

一族と弟子残し逝く秋の雲/柴田白葉女

一族の墓に猪垣して住めり/出羽智香子

俳句例:41句目~

一族や大梁に反る秋陽あり/平井さち子

一族は似たり寄つたり葱坊主/平戸てる

花御堂虚子一族の手につくる/山口青邨

阿部一族刈られて揃ふ葦の丈/星野昌彦

夏の蝶一族絶えし墓どころ/柴田白葉女

妻病めば梅雨一族の皆病めり/青木重行

一族に融けきれるまで墓洗ふ/福山たま

徐一族ここに老いゆく花菜雨/名和未知男

冬紅葉一族ここに討たれしと/高田風人子

海穏やか鴨一族の他はなく/阿部みどり女

一族をつつむひかりも睦月かな/保坂敏子

一族百姓大藷小藷暾へ掘り出す/大熊輝一

菩提寺の枇杷一族のごとこぞる/中田六郎

九鬼一族冬の怒濤の村離れず/九鬼あきゑ

赤えいに吾が一族を見せてゐる/鈴木志暁

夏の婚の一族写真誰もはなびら/伊丹公子

一族の李花の散る日ぞ家壊す/鈴木八駛郎

酒ずきの吾が一族や魂まつり/内野蝶々子

のはらあり真実一族の音ののはら/阿部完市

アイヌ一族焚火をあげて嫁まてる/細谷源二

俳句例:61句目~

北畠一族墓をつらねて冬木かな/廣江八重櫻

遺品あり岩波文庫『阿部一族』/鈴木六林男

喪の一族まことしやかに羽蟻の夜/山田みづえ

風もみどりの一族となる森駆けて/櫛原希伊子

風化とまらぬ岩や舟虫一族に/西東三鬼「変身」

水車、カドリール、いま一族のいまさかしま/加藤郁乎

タイトルとURLをコピーしました